スキー革靴
2018.04.11

今日はイタリア・CRISPIより、来シーズン発売されるテレマーク革靴-Bre-サンプル品が入荷


廃番となったSCARPA-Vinson-は足裏のシャンクや側面の剛性が高いのでより滑走性のある革靴だとすると、Bre-は長時間歩く事に特化している用に感じます。


春雪はとにかく濡れる・・・
その点、GORE-TEXをライニングしているので浸水の心配は無し!!


それも足裏までクルッと包み込む{GORE-TEX BOOTY}仕様!!

GOREをブーツに使用する理想は、皮革製テレマークブーツなのでは。
と、個人的に考えております。


更に詳しく、今回は前身である-Sydpolen-と比較してみます。


まずはベロ上部にある{Lace Hook}


LOWAのブーツでいう{X Lacing}
これがある事で、ベロが外側にズレ落ちてしまうのを防いでくれます。


正面から見ると、-Bre-の方がシューレースの始まりが1列先端方向に多いのがお分かりいただけます。

先程-Vinson-の方が滑走向きとご説明しましたが、このシューレースの作りは-Vinson-と同じ。

つまり-Vinson-の前足部の捻れ剛性がありながら、-Sydpolen-の柔らかさとGORE構造を引き継いでいる作りなのです。


後方から比較すると、右の-Bre-の方が踵のボウル形状がしっかりと成形されています。
足首も細くフィット感が高いので、爪先立たない歩きと滑りに最適です。


一見クラシックなブーツですが、足への研究は最先端。
{ABSS}というCRISPI独自のアーチ&アンクルサポート構造を採用。

雪の上を滑る事以上に、歩く事を追求している結果ですね。


あと20年後には、ハットとセーターでテレマークしたいと考えている店長です。

製造はもちろんMade in Italy
予定価格は50,760円(税込)となります。
ご予約については店頭まで。

2016~2017年はノルウェー限定販売モデルでしたが、2018年冬より日本での販売が開始となります。
ご期待ください。
2018.04.11 17:07 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -