Yak革靴、最後のご紹介です
2018.09.09

1921年の創業より、革と木(足)型にこだわり、ハンドメイドを貫いてきたドイツの老舗HANWAG

兄弟ブランドLOWAに続き、今秋よりHANWAGも輸入元変更となりました。

これに伴い、今後入手出来ないモデルも決定。
その中でも素材・構造共にプレミアムなモデルを、前輸入元・タカダ貿易の協力により極少量ご用意が出来ました。


今春にご紹介しましたが、全サイズ即完売した-Lhasa Wide-


チベット山岳高地(3,000~6,000m)という厳しい環境下で育ったヤクレザーを使用。

過酷な地で生息する為に繊維は非常に緻密で、一般的な牛革の約3倍の耐久性と強度があります。


そのタフな見た目と、平均2.2~2.6mm厚という数値からは想像出来ない程、非常に軽量で柔軟です。

鞣し加工もチベットで行われ、ドイツへと送られます。


チベット民族にとってYakの存在は大変重要で、外毛はテントやロープ、内毛は衣類や毛布、肉やミルクは食料として余すとこなく使用されます。

皮革製登山靴は命の副産物。
改めて大切に使いたいと思う道具です。


ライニング&インソールは全面カーフレザー
生後6ヶ月までの仔牛の革はキメ細かく、吸湿性も素晴らしい
何よりこの包まれる様な柔らかい履き心地が最高です


素肌に近い靴だからこそ、
(CHROM FREIES LEDER=クロム鞣しを行っていない)事が重要です。
このご説明は長くなりますので店頭にて。



様々なラスト(木型)の中よりWIDE LASTを採用し、日本人に多い足型に対応します。

ソールの構造も独創的で機能的。


土・岩どちらでもグリップするラバーとラグのViblam AW Integralを使用。


剛性感の要、シャンクは衝撃緩衝層ミッドソールと一体化し、

中足部(土踏まず)を大幅に削ぎ落として抜群の軽さを実現


シューレース調整で1番重要な甲部分のホールには、ボールベアリングを使用し締め具合の微調整が可能です。

高品質で限りある希少な素材と、靴職人による丁寧な手仕事。
正に登山靴のプレミアムモデルといえます。


当店ではお渡し前に{オイルド加工}を施します。


施す前と後では、全く異なる見た目と質感に。


今回はその違いをより分かり易く感じていただく為に、Yakレザーパッチをご用意いたしました。
是非手にとってご覧ください。

ソールは貼替え可能ですので、長い付き合いが出来ます。
入手出来る最後の機会、お見逃し無く!

※在庫サイズと最終プライスは店頭にてご確認ください。
2018.09.09 13:14 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -