SKモデル復活
2018.09.15

2014年に-Khamski-C² Suspensionモデルが廃番となり、
以降ARC’TERYXのスノーパックに新作は無く、最近は残念なシーズンが続いておりました。



しかし、フィールドテストは続いておりました

そして今シーズン、待望の新作が登場です。

-Alpha SK 32-

SKと聞いて「懐かしい」と思った方はオールドファンですね。
-Theta SK-等、過去にもSK=SKI用に特化したモデルに使われていたネームです。

冬季高所登攀モデルとして人気と実績のある-Alpha FL-バックパックと同素材

{N400r-AC² Nylon6 Ripstop}を贅沢に全体に使用。


完全防水性はもちろん、低温下でも生地のしなやかさを失わず、岩角やアイスツール、スキーエッジとの摩擦にも耐えます。

このモデルの魅力は多々ございますが、店長が現場でテスト使用して感じたのが
“スキーグローブを装着したままでの操作性の高さ”

トップリッドは開閉が楽なスライド式バックル式で、スキーキャリーにはオリジナルストラップを使用・・・
と、言葉でご説明するよりも動画の方は分かり易いと思いますので、こちらをご覧ください。


カナダメーカー同士ということで、アバランチギアが全てG3製!

動画では解説されていない2点をご紹介いたします。

まずはARC’TERYXが特許取得した-SK Strap-
ストラップのTPU(熱可塑ウレタン)素材自体は、スキーメーカーのストラップとほとんど変わりません。


幅も20mmと同じなので、緊急時はスキーストラップを代用することも可能です。

違いはバックルです。

堅牢なステンレス製バックルは横方向より脱着が可能で、従来の様に端のバックル穴から通す必要がありません


是非スキーグローブをしたままで操作してみてください。
その容易さに驚かれるはずです。


50cm、65cmの2サイズで別売りをご準備いたします。(近日入荷)

最後に背面構造について。

廃番となった-Altra-や-Miura-そして旧-Khamski-に採用されていた

{C² Suspension}
荷重分散の要となるHD80フォーム材のフレームシートを背面に圧着
隙間(逃げ)が無く、重さをダイレクトにフレームシートが受け止めます。

アルミステイは未使用で、滑走中の前傾姿勢時の不快感(抵抗感)を無くしております。


ハイクアップ時に役立つ前方向引きウエストベルトは、滑走時に簡単に取外しも可能です。



初回入荷分に限り、
当店で-Alpha SK 32-をお買い上げの方にバンジーコードロックセットをプレゼント!

廃番モデル-Miura-の付属品だったレアものです。


ストラップを外してコードをセットすれば、防水性の高いノーマルなバックパックのルックスになるので、無雪季の登山や、ご旅行等にもご使用いただけます。


サイドはこんな感じで長尺ギア(ポールに三脚、ロッドケース等)を固定可能。


個人的にはカメラでお客様の滑走シーンを撮影する事が増えてきたので、サイドアクセスジッパーが大変便利。
45cmと長い止水ジッパーはグローブのままでも出し入れが大変楽です。
偏光ゴーグル越しでも視認性の高いジッパーカラーも◎


長く付き合うことが出来るからこそ【BIRD AID】保証・補償書もお付けいたします。
パーツや生地の修理が必要になった時にお使いいただけます(修理補償金額11,100円分)

1デイ・スノーパックのお買い換えをご検討されている方へ、自信をもっておすすめ出来るバックパックです。

カラー:Black,Everglade
プライス 39,960円(税込)
2018.09.15 16:24 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -