化繊中綿・最厚モデル
2018.10.31
風雪の環境下で、ただ暖かいだけではなく
“常にジャケット内をドライに保つ”ことを追求したビジネス・タウンユースコート

-Koda Parka- 【Black】


前身モデルは8年前に登場した-Khuno Parka-
素材は-Koda Parka-と変わりませんが、細かい構造が改良されております。

まずは保温性の要、中綿素材について。

ARC’TERYXが自社開発した化繊中綿{Coreloft 140g/㎡}をボディに封入。
この量はARC’TERYX製品の中で、最大封入量となります。

袖とフードには{Coreloft 80g/㎡}を封入し、腕の動かしやすさと頭部からの熱排出を促進させます。


濡れても保温性低下が無いだけではなく、質感はまるでグースダウンの様な柔らかさです。


シェルには完全防風・高耐水性を備えた{GORE THERMIUM}を使用。
{GORE WINDSTOPPER}に中綿を封入した新素材名となります。

-Sidewinder SV-や旧-Alpha SV-といった最強シェルと同じフェイスファブリック{N80p-x}を使用し、毎日のショルダーバッグ・バックパックとの摩耗でも問題無し。


こちらは店長私物の-Khuno Parka-
とても8年間使用したと思えないほど美しい状態をキープしています

購入して1年目は通勤だけで、あまりハードな作業には使用しませんでしたが、2年目からは自宅や店舗周りの雪かきにまで使用。

1シーズンに3回以上は洗濯もしておりました。

これだけ見た目に劣化を感じないのは、やはり表面素材に{N80p-x}を使用しているからでしょう。

“10年なんとか保つ)のではなく(10年間高い品質を保つ”
この差こそARC'TERYXの魅力だと思います。

続いて構造を見ていきましょう。


画像は-Koda Jacket-を裏返した状態です。
脇下は常に圧迫され、熱や汗が溜まりやすい為、中綿を一切封入しておりません

更に裏地はこの部分だけナイロンタフタではなく、起毛ポリエステルを配置し、吸湿&通気性を促進させます

「寒くないのですか?」とよく質問されますが、全く問題無し。
嵩張りが無いので、着心地も快適で、見た目も非常にスマートになります。


画像奥が前身モデル-Khuno Parka-の{Velcro}クロージャー

メリットとして微調整が出来る反面、面ファスナー特有の音と 、長期間使用するとループ部がフックによって損傷劣化し吸着力が落ちていくというデメリットも。

10年以上使用出来るジャケットの寿命を考えた時、袖口には更に耐久性の高いクロージャーを、という事で-Koda Parka-には{Snap}クロージャーを新たに採用。
スナップは2段階調節となっておりグローブの有無や、冷気遮断に役立ちます。
万が一修理の際はスナップだけの交換で済む点も◎


画像奥-Khuno Parka-は横向きフラップ付きポケット
厳冬期対応のジャケットポケットは小物の収納だけではなく、手を寒さから守るという目的もあります。

横向きのポケットに手を入れたままですと、肘の角度が悪くなり肩が疲れてしまいますので-Koda Parka-は縦向きのジッパー式ポケットへ変更してハンドウォーマーとして使い易く改良
セキュリティの為にジッパーも装備されています。ジッパーはフラップで隠され更にクリーンなデザインに。


フード内側の首周りには僅かに中綿を封入した{Neck Gasket}を装備。
この立襟が後頭部からの冷気侵入を防ぎ、起毛された内張は肌に直接触れても快適です

雪山で鍛え抜かれた素材使いと、快適な着心地の為の手の込んだ構造。
シンプルなデザインの中に、ARC’TERYXの様々なこだわりが詰まっております。


ジッパープルは開閉操作に優れた{Ergonomic ZipperPull}
指の形状に合わせて湾曲させた不均等厚金属を使用


ロゴ入り・YKK/Vislonジッパーというこだわりまで・・・

昨シーズンはBlackのみのご用意でしたが、今年は全てが素晴らしいアースカラーでしたので、全色ご用意いたしました!


ギリシャのエーゲ海に浮かぶ島々の色を表現した【Archipelago】


カワセミの美しい羽の色を表現した【Kingfisher】


冬を代表するトナカイの毛並みを表現した【Caribou】

その美しい発色を、是非店頭でご覧ください。

カラー:Black,Archipelago,Kingfisher,Caribou
プライス 59,400円(税込)
2018.10.31 20:10 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -