プルオーバーの再評価
2019.03.16
90年代のPatagoniaを始め、アウトドアウェアのスタイルを確率した“プルオーバー”

しかし、脱着の容易さから“フルジッパー”モデルが主流になり、今ではプルオーバーは大変珍しいモデルとなりました。

一度お試しいただければ、プルオーバーにしかないウエスト~腰周りの絶妙なフィット感に魅了されるはずです。


現在ウィンドシェルの定番となっております-Squamish Hoody-も、2009年の初登場時は-Squamish Pullover-でした。たった1シーズンだけでしたが(笑)
店長も画像のRio Redを穴が開くまで着倒しました。


店長私物の-Alpha SL Pullover-もちょうど10年前の2009年モデル。現役です。
当時はハードシェルでもプルオーバーがあったほど、人気の高いデザインでした。

モデルは減りましたが、ARC’TERYXは現在も大切に1モデルのみ生産しております。
それが今シーズンの新作


-Sigma SL Anorak-

{Sigma}と聞いて「懐かしい」と思われるオールドファンの方も多いと思います。

WINDSTOPPERソフトシェルを使用した{Sigma}シリーズ。
その後{Venta}へシリーズ名を変更され、現在は廃番となっておりました。


画像は店長がBCクロカンツアーにて-Sigma SV Hoody-を着用していた15年前の写真。
裏地のフリースがすり減るまで着倒しました。

今回はそんなレトロなモデル名を冠したSuper Lightモデルが登場です。


素材は岩角との摩耗に耐え、抜群の通気性を備えた【Aequora AirPerm】を使用。

極薄のソフトシェル / 厚手のウィンドシェル…
表現が難しい、絶妙な生地圧は様々な天候・気温に対応。

何より着用しているのを忘れるほどの着心地の軽さと、伸縮生地に頼らない立体裁断により、山で1日中着続けてもストレスを感じません。


視界を妨げない3Dフードは、後頭部のループにアジャスターを通せばフードを折り畳む事が可能です。


ハードシェル等を上にレイヤリングする事を考慮し、袖口にはベルクロを付けておりません
その分、更に伸縮する素材を配置し袖口のフィット感を高めております。

フルジッパーに比べ脱着が面倒なプルオーバーですが、
“シャツの様に1日中快適に着続けられる”と考えれば、プルオーバーという選択肢もありだと思います。

カラー:Labyrinth,Infrared
サイズ:S,M
プライス 19,440円(税込)
2019.03.16 17:39 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -