伝統と革新
2019.05.03
前回ご紹介しました{G 1000}が半世紀以上愛される伝統の素材とすれば、

今回ご紹介いたします{BERGSHELL}は正に革新的な素材。


通常の【Filament Yarn】に比べ表面を起毛加工したような
【Air Textured Yarn】を使用した400デニールナイロンを使用。

実際は起毛加工ではなく、繊維に強力な空気を噴射する特殊加工
ARC'TERYXハードシェルのフェイスファブリックにも捲縮繊維加工として採用されています。



この加工によりFilament Yarnに比べ、繊維が直接摩耗しないので耐摩耗性が飛躍的に向上

更に世界初となる【Flat Rip Stop】を採用。


今までは生地補強の為に織り込まれた補強繊維は、その太さ故に1番最初に摩耗する繊維となっておりました。


しかしBERGSHELLは【Air Textured Yarn】の起毛嵩とリップストップ繊維の嵩を均一にする事で、凹凸の無い平織の様な生地に仕上げることを可能にしました。

なんとその耐摩耗・引裂き強度は500デニール・Corduraナイロンと同等というテスト結果も。

裏地にはTPU加工を施すことで、驚異の耐水圧20,000mmを実現。


これだけテクニカルな素材だと(厚くて硬い)イメージになりますが、
まるでソフトなコットンキャンバスの様な素材感
今までに無いしなやかな触り心地に驚かれることでしょう。


その完成度の高さが認められ、2018年6月ドイツで行われたヨーロッパ最大のアウトドアショー【ISPO】にて、最も革新的な素材に与えられる
{INDUSTRY AWARD 2018}を受賞

是非店頭で触れてみてください。今までに無い触り心地に感動されるはずです。

それではその{BERGSHELL}を使用したバックパックをご紹介します。
用途・季節・天候問わず、日帰り登山において万能なバックパック


-Bergtagen 38-


まず目を惹くのが“1本締めデザイン”
小型のアタックザックではよく見るデザインですが、38Lクラスでは大変珍しい。

中型はそのサイズを圧縮・固定する為に通常2本締めですが、
-Bergtagen-はリッドの形状を工夫する事で、このサイズでも一本締めで圧縮・固定する事に成功


流石、SMGA/スウェーデン山岳ガイド協会と共同開発したモデルです。


リッド下のインナーは瞬時に開閉可能なドローコード。

剛性感と荷重分散の為にデュアルステイを採用しておりますが、何とその素材はアルミではなく

“木製ステイ”


北欧家具でよく使用されるBirch(樺)材を、スウェーデンの木材成形bq FORM社に依頼して製造。
硬質なBirch材を頸椎~腰椎までの曲線を描きながら成形する技術は正に職人技


このBirch材はFSC国際森林協議会より(責任ある森林管理から生産された木材)として認証されております。


Birch材は均等で緻密な木肌を持ち、反りなどの狂いが少ない木材。
硬いだけではなく粘りがあり、水に強いので天然のステイ素材として最適なのです。


アルミと異なり、Birch材はその性能上外側に配置する事が出来るので、
より背面に近い位置にセットして剛性感を最大限引き出します


更にショルダー&ヒップベルトの面積を最小限に抑え、余った空間をエアチャンネルとして使用
これはARC’TERYX/BORAバックパックと同じ構造となります。


背面構造に自信があるからこそ、ヒップベルトを外しての使用も想定。

ヒップベルトコンプレッサーのバックルは、ワンタッチで開閉可能。


側面にはスキーも固定化なストラップシステムを装備。
スチールフックのプルタブは反射素材となっており、夜間の作業もスムース。


素早く固定可能なダイアゴナルスキーキャリーも可能です。


ハイドレーションの出し入れや、内部の視認性確保の為、通常背面上部に付いている小ポケットをサイドに配置。
他モデルとちょっとした違いですが、個人的に気に入っている作りです。

如何でしょうか?
今までに無い素材と構造で興奮しませんか?
ウェイトをご用意しておりますので、是非店頭にてお試しください。

-Bergtagen 38-
カラー:Hokkaido Orange(画像)、Mountain Blue
背面長:S/M(~44cm)、M/L(~49cm)
プライス 37,800円(税込み)
2019.05.03 16:32 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -