ソフトシェルへの情熱
2020.05.27

2010年に惜しまれつつ終焉を迎えたCloudveil


デザイン・開発・テスト、全てを本社のあったJacksonholeで行い、ワイオミングの地元から愛されていました。

メーカーは消えてしまいましたが、
1997年に{ソフトシェル}を世界で初めて紹介した歴史は今でも有名です

あしの豆では取扱い終了時に、与えてくれたイメージと今までの感謝を込めて、

“Forever Cloudveil Heart of Western”
というポスターを作成しました。

前置きが長くなりましたが、Cloudveilに続き{ソフトシェル}を進化させ続けてきたARC’TERYXより、今季待望の新作が登場しました。

【Labyrinth】
-Gamma SL Hoody-

【Agra】5/28入荷予定

その魅力は…

1、クライミングではなくトレッキングに適したデザインと構造
2、吸湿する2重織り素材


Gammaシリーズは岩稜帯での使用にも耐える頑強な生地がほとんど。
それ故にトレッキングには向かず、春スキー等の限定された使用方法でした。

【表地】撥水・耐風・耐摩耗面
【裏地】吸湿・凹凸ドライ面
今回採用した自社開発素材Fortius DW 1.0はウィンドシェルの様に薄く軽量ながら、
DW=2重織りにより、シェル内側から吸湿を促進させます。

1年前に新作パンツとして登場した-Sabreo Pant-&-Kestros Pant-と同素材。
摩擦・摩耗の激しいパンツでも高い評価を得た素材です。


この素材が開発出来ていなかった昔は、2種類の素材を組み合わせた前身モデル
-Gamma SL Hybrid Hoody-というモデルがございました。(画像:2013年モデル)


ベルクロを排除した半伸縮性袖口は、バックパック内に手を突っ込んだ際にも引っかからず快適。


ヘルメット非対応フードは、被った際に余計な生地が無くフィット感◎
個人的には衣擦れ音が無く、外部の音情報が遮られること無く快適でした。


天候急変時に、上からハードシェルをリヤリングすることも考慮し、
ポケットのジッパーレールはフラップを設け、ハードシェルの裏地を傷めることがありません

デザインや性能も素晴らしいですが、このモデルのもう一つの魅力は
“今までに無い、しなやかさ”
上質な綿の様に柔らかい生地は衣擦れ音も無く、まさにソフトシェル。

前回ご紹介いたしました-Atom SL Vest-同様、秋シーズンにはラインナップされませんのでお見逃し無く!

カラー:Labyrinth,Agra
プライス 26,400円(税込)
2020.05.27 14:32 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -