アーバン・レインシェル
2019.06.24
“州を跨いで仕事や旅に出掛ける”というコンセプトで製作されたハードシェル

-Interstate Jacket-

一切無駄の無い洗練されたデザインと、完全に都市生活にフォーカスした機能を備えた逸品です。

5シーズン継続されてまいりましたが、
今シーズンにて廃番となりますので、最後にその魅力をご紹介したいと思います

このモデルが2015年に登場した背景には、同年GORE社よりリリースされた新素材の存在が大きいです。

{GORE C-KNIT}

現在では直接通気する{NeoShell}{eVent}{Pertex DV}など様々なメンブレンがございますが、表生地の強さと耐水圧の高さ、そしてメンブレンの根詰まりが起きにくいという点で、当店ではGOREを評価しております。


数あるGOREプロダクトの中でも、今までに無いソフトな着心地と上記他メンブレンに勝るとも劣らない透湿性の高さが{GORE C-KNIT}の特徴。


数値的には平均10%軽量化、15%透湿性が向上しております。

その理由は3層目に使用されている{ニット層}

今までは{ウーブン層}となり、その高密度の織り故に透湿量が少なかったのですが、
大きくループされた編みは繊維間隔が広くなり透湿量が増え、更にしなやかな生地に

GORE-TEXメンブレンは通常内部/体側と外気との水蒸気圧差があって透湿開始するのですが、外気が高温多湿の環境となるこれからのシーズンは、その差が出にくく蒸れやすい。
よく通常のGORE(Paclite含む)を着用して歩いていると、裏地が結露しますよね。

{ニット層}は素早く内部で吸湿し、透湿開始スピードを早める、言い換えると
メンブレンに「もう内部が蒸れ始めてますよ」と勘違いさせることで透湿性能を向上させております。


フェイスファブリックはN70p(70D糸の平織り)
同じGORE C-KNITを使用した登山用-Zeta LT-でN40pですので、かなり高強度。
軽量化よりも、毎日着用した際の耐摩耗性を重要視しております。

まだまだご説明したい素材の魅力がございますが、長くなりますので続きは店頭にて。

続きましてこのモデルにしかないデザインの魅力を。


まず目が行くのはStow Hoodでしょう。
襟にフードを収納可能なこのデザインは現在-Interstate Jacket-のみに採用されております。

以前は

登山用-Theta SL Jacket-

アルパイン用-Beta LT Jacket-

Traverseモデル-Fission AR Jacket-

スノー用-Stinger Jacket-など、
様々なモデルに採用されておりましたが、フードを収納しても首周りを圧迫しない作りは複雑で時間がかかることから、次々に姿を消していきました。


内蔵フードもアルパインスペック。

3次元構造と補強ブリムで頭部の動きに追随しますので、視界確保が抜群


コンシールジッパーはレールが見えず、美観にも優れます。


ジッパープルにはカテゴリー名(24)の刻印入り


開襟時も襟が折れない様に、顎部分は縦に生地を配置


脇下~肘にかけてのArticulated Patterningは、腕の動きを妨げません。


袖口はベルクロではなく静音を考慮し、2段階スナップボタンを使用。


そしてユーザー様よりご評価が高いチェストポケット
-Sawyer Coat-や-Keppel Trench Coat-にはない、大変便利なポケットです。
特にハードシェルの場合はパターンが複雑になる為、省かれることが多いです。

如何でしたでしょうか。

登山用を想定した雨具とは一線を画す、世界最高のアルパインシェルを作るメーカーだからこそ作れたアーバンシェルです。
入手出来る最後の機会をお見逃し無く

カラー:Black
プライス 64,800円(税込)
2019.06.24 20:37 | 固定リンク | 新入荷情報
源流を訪ねて
2019.06.21
突然ですが、ARC'TERYXの
Alpha SV Jacketが1着完成するのに、どれ位の時間がかかると思いますか?

本日、ARC'TERYXより

「世界最高峰、究極のアウトドアウェアの源流を訪ねて」
と題したフリーペーパーが入荷いたしました。



僅か4ページですが、職人達の情熱が伝わってくる素晴らしい内容です。
私も初めて知った情報が多数掲載されておりました。

極少量入荷の為、今週末には配布終了となります。
お早めにどうぞ!
2019.06.21 21:14 | 固定リンク | 新入荷情報
山(Sun)ハット
2019.06.20
帽子専門メーカーか?と疑ってしまうほど完成度の高いARC’TERYXのサンハット

-Sinsolo Hat-


昨年までの旧モデル(↑画像)と比較すると、素材もデザインも改良されております。


自社開発素材{Circuit}を使用。
超軽量でしなやか、シワも寄らないドレープ感が魅力です。

UPF50で紫外線対策は◎
Nano DWR加工は長期間強力に撥水性能のキープ。

薄手ながらPlain Weave(高密度平織)で摩耗に強く、
Mechanical Stretchで伸縮するので、頭部のボリュームに自然にフィットします。


ツバはラミネート(圧着)加工され、縫い目が無いので美しいカーブを描きます。
芯材は無くソフトなので、強風下でも飛ばされ難くなっております


裏には汗や雨で染みにならない様にフルメッシュ仕様。


内側の汗止めバンドは、通気性を促進させる溝があり、被り直した際のベタっとした不快感を抑えてくれます。


汗止めバンドの連結部分もラミネート加工が施され、縫い目を感じさせません。


本体には通気の為のホールが4箇所。
ここも十八番技術のラミネート加工

グローブもそうですが、
(ここまで拘るのか)と驚かされる逸品です。

アースカラー好きの当店としてはツボな2カラーをご用意。


合わせるシャツやシェルの色を問わないベージュ【Owami】


森林で暮らすという意味をもつモスグリーン【Bushwhack】

大袈裟では無く、サイズが合えば感動的なフィット感です。
是非お試しください。

カラー:Owami,Bushwhack
サイズ:L-XL
プライス 6,480円(税込)

同素材を使用したキャップ

-Elaho Cap-もご用意しております。

こちらはツバに芯材入り。
後頭部にアジャスターがあり、ワンサイズとなります。

カラー:Labyrinth
サイズ:ONE
プライス 4,860円(税込)
2019.06.20 21:59 | 固定リンク | 新入荷情報
羊に感謝
2019.06.19
お陰様で完売いたしましたARC’TERYX/A2B V-Neckと似たコンセプトながら、7meshらしいデザインに仕上げた


-Desperado Merino Henley-


素材は調温・調湿性に優れたメリノウール47%吸湿拡散性に優れたポリエステル53%の混紡ニット素材。

下着ではなく単体使用を想定しており、A2B V-Neckに比べて生地厚が増しております。
耐摩耗性も期待出来る、安心感のある肌触りです。


生地にハリがある為、袖・首のロゴも刺繍仕上げ


首元は換気や脱着時に開放できるHenley Neck
フラットなスナップボタンは操作しやすく、薄いので目立ちません。


肩甲骨~腕の立体裁断により、腕の動き易さ◎

高機能ながら、一見普段着の様な落ち着いたルックスもヘンリーデザインの魅力です。


カラーはBlackの他にテクスチャードが美しい【Stone】をご用意いたしました。


昔、ARC’TERYXでも-Envoy Henley-というモデルが1シーズンのみリリースされました。
気持ちもゆるくさせてくれる、珍しいデザインをお試しください。

プライス 10,800円(税込)
2019.06.19 20:03 | 固定リンク | 新入荷情報
誰かの笑顔に繋がるDrinkware
2019.06.17

昨今、海洋プラスチック問題が大々的に報道されており、私達の生活の中に溢れているプラスチック製品について、改めて考えさせられます。

リサイクル出来る、ではなく最初から使用しないのが1番
ペットボトルや、テイクアウト用のプラカップを無くす為に、あしの豆が惚れ込んだマイボトル・マイカップをご紹介いたします。


自然保護の父として有名なJohn Muir(画像右)
その情熱と活動はセオドア・ルーズベルト大統領(画像左)にも影響を与え、アメリカ国立公園の理念へと繋がっていきました。

Muirのuをi(私達が行っていく)という意味の言葉に換えて、ブランド名にしたのが

-MiiR-

素敵なブランド名ですよね。

MiiR製品の1つ1つがプロジェクト基金となり、その過程をご購入者がトラッキングして確認できるビジネスモデル
{Giving Project} を構築。


各商品にはGiveCode(トラッキングコード番号)がついており、ご自身でコードを登録する事でプロジェクトやコミュニティーに公的な関わりを持って参加できる仕組みです。


あしの豆で取扱いますボトルやカップの収益の3%は、清潔な水が容易に手に入らないサハラ以南のアフリカや東南アジアにおいて、水システムの建設や衛生プログラム等に役立たされ、その地域の人々への手助けとなります。


お時間がある方は創始者Bryan人生の価値感を変えるスキー事故に遭い、MiiRを設立するまでのストーリーをご覧ください。

意義だけではなく、MiiR製品は高品質・高機能です。

山でも街でも使いやすい広口ボトル

-Wide Mouth Bottle-


臭いや味のしない18/8メディカルグレードのステンレススチールを使用。茶渋も残りにくく◎
Thermo 3Dダブルウォール真空断熱材により、保温保冷効果が抜群です。


昨年より定番で扱っておりました16oz/473ml(画像右)に加え、
これから季節に活躍する容量アップの20oz/591mlもご用意いたしました。


Temp Deflectorテクノロジーによって、夏は結露を防ぎ、冬は蓋から温度が外に逃げるのを防ぎます。

KleanKanteenのキャップ(画像左)と比較すると、インサレ―ションがボトル内部にねじ込まれる構造になっている為、より断熱性能が向上しております。


外側はしっとりとしたパウダーコートが施され、滑りにくく琺瑯の様な美観にも優れております。

-Wide Mouth 16oz- 4,752円(税込)
-Wide Mouth 20oz- 5,184円(税込)

キャンプやオフィスで活躍してくれる

-Camp Cup-
容量は12oz/354mlで、350mlの缶ビールがちょうど入ります。


BCでのフィールドテストも高く評価される高性能。


-Camp Cup-と同容量でタンブラーデザインの-Tumbler 12oz-
中間サイズの-Tumbler 8oz-
手の平サイズの-Tumbler 6oz-
全サイズ取り揃えております。


全て保温保冷効果を高める蓋付
BPAフリー素材で安心です。
これからの季節は、虫の侵入も防いでくれて助かります。

-Camp Cup- 3,996円(税込)
-Tumbler 6oz- 2,592円(税込)
-Tumbler 8oz- 2,916円(税込)
-Tumbler 12oz- 3,240円(税込)

Cheers!!
2019.06.17 14:36 | 固定リンク | 新入荷情報
定番の廃番
2019.06.14
メリノウールを推すあしの豆が、化繊ベースレイヤーをセレクトする基準は
“メリノウールと同じ様な肌触りと伸縮性”

軽さや通気性の点で(メッシュ)生地が優れているは分かるのですが、あの見た目と肌触りがどうも苦手で。

そんなわがままに応えてくれいたのがARC’TERYXの

-Phase SL LS Crew-

シンプルな長袖肌着。

汗が籠もりやすいレインやウィンドシェルの下でドライ感を保ち、
-Skyline Shirt-の下に着れば、UPF25の日除け・虫除けに活躍してくれます。


改良前は汗戻りを防ぐ為に疎水繊維ポリプロピレンを混紡していましたが、日本のTEIJIN社と共同開発した{Phasic SL}疎水加工を施したポリエステルを使用しポリエステル100%を実現

より薄く・柔らかくなり、メリノウールのしなやかさに近づきました。

なぜ定番をご紹介するかといいますと、来シーズンは-Phase SL Boxer Brief-以外の
LS Crew、SS Crew、Zip Neckが全て廃番となります。

生地が擦り切れるまでお買い換えの無いベースレイヤーですが、ファンの方はスペアとして、未経験の方は是非この機会にお試しください。

カラー:Black
サイズ:S,M
プライス 9,720円(税込)

半袖が良いな、という方には7meshの

-Eldorado Shirt-がお勧め


ポリエステル素材はPhasic SLそのまんま(笑)
流石、元ARC’TERYX


半袖は単体使用も考慮し、ロゴも配置。
胸真ん中に入れるのはARC’TERYXの初代-Velox Crew-を彷彿とさせます。

まるでポリウレタンが混紡されている様な抜群のストレッチ性も魅力です。

吸湿拡散性を最大限引き出す、体のラインに沿ったトリムフィットも素晴らしい。

首周りが細い丸首が嫌いなVネック愛用の店長でも、上記2モデルは全く圧迫を感じません。

ドライを追求したカナダブランド同士の名品です。

カラー:Black,Mallard Blue
サイズ:XS,S
プライス 6,480円(税込)


今週末は荒れた天気となりそうです。
店内にeno社のハンモックを設置しましたので、ご来店の際は是非揺られてみてください♪
2019.06.14 16:05 | 固定リンク | 新入荷情報
(差)に強いウィンドシェル
2019.06.13
時間差、気温差、標高差、運動量の違い等、難しいコンディションにも対応してくれるウィンドシェル。

定番として毎年高い支持をいただいておりますARC’TERYXの


-Squamish Hoody- 【Olive Amber】


-Nodin Jacket- 【Bushwhack】

2モデル共に素晴らしいアースカラーをご用意いたしました。


素材は日本のTEIJIN社と協同開発した{TYONO}


糸の径を30D/Squamish20D/Nodinで使い分け、素材の質感に変化を。

更に袖口や襟周り、ポケット位置等をそれぞれの用途に合わせて変えることで、それぞれ性格の異なるシェルに仕上がっております。

よくお客様より「-Nodin-素材でフーディーデザインがあれば良いのに」とリクエストいただいておりましたが、同じカナダブランド・7meshが期待に応えてくれました。

【Eclipse】

【Titanium】

-Northwoods Windshell-


薄く軽く、絹の様にソフトな質感とメカニカルストレッチ・・・
メーカー発表は無いですが、素材は-Nodin-と全く同じ{Tyno 20}だと思います。


織り方も見た感じほとんど同じです。


似ていて当然、7meshの創始者は元ARC'TERYX/CEOTyler Jordan


カナダのSquamishに本社とデザインルームがあります。
ARC'TERYXの-Squamish Hoody-はこの土地名から名付けられました。


袖口はベルクロを付けず、伸縮性バンドを採用。
縫い目には圧着処理が施され、縫い代の違和感がありません


この点も-Nodin-と似た作りですね。


顎周辺には起毛ライニングを配置し、汗で肌に貼り付くのを防いでくれます


濃紺の【Eclipse】【Citrusを合わせるのは、

ARC’TERYXの十八番。


【Titanium】も約10年に使われておりました。

往年のファンにはたまらないカラー展開も魅力です。

これから秋口まで、手放せない1着になるでしょう。

-Squamish Hoody- 23,760円(税込)
-Nodin Jacket- 23,760円(税込)
-Northwoods Windshell- 25,920円(税込)
2019.06.13 17:08 | 固定リンク | 新入荷情報
EVERGOODS / いつまでも良いものを
2019.06.12
一年前、クラウドファンディングによりアメリカ・ボーズマンにて立ち上げられた
EVERGOODS


長年アウトドアとミリタリー業界でデザイナーとして活躍した、Jack BarleyKevin Dee
“時代を超えても変わらず普遍的な価値を持つ物を作りたい”
という情熱でバックパックを開発しております。

昨年のローンチシーズンは入荷後に即完売となりまして、その魅力をご紹介出来ませんでした。


今シーズンは新作2型を追加、既存モデルにも待望の新色【Standard Grey】が登場いたしましたのでご紹介いたします。

まずは全てのモデルに共通の素材についてご説明いたします。


EVERGOODSでは既存のCordura素材の中でも、最高品位の生地を採用。
(Jackが着用しているのはDonovan Crew、ARC'TERYX愛を感じます・・・)


抜群の強度がある6,6ナイロン糸を高密度に平織した{High Tenaciy Nylon}を使用。
500デニールまたは420デニールを各モデルに使い分けております。


表生地表面のDWR撥水加工、表生地裏のPU加工、更に裏地にSilicone加工を施し、メンブレン未使用でも高い防水性もございます。

種類の異なる撥水加工を1つのパックに左右で分けてフィールドテストをするほど、常に最高の撥水加工を追求しております


ジッパーにも強度と耐久性が極めて高いYKK製{Racquei Coil}を使用。

精密に噛み合うフラットな面はDWR加工が施され、雨水の浸入を許しません。

メインルームには#10を、サイドや小ルームには#8と、それぞれ太さを変えて使用しております。

肩で背負うEVERGOODSの構造において、ショルダーベルト内部のフォーム材は極めて重要です。


高厚プロセスで窒素ガスを使用し、微小且つ均一な小孔径を有する発砲材{ZoteFoam}を使用する事で、長年の使用でもへたることなく荷重を分散してくれます。


背面やハンドルに配置されたアルミステイは超軽量且つ剛性感の高い{7075 T6}使用。
この超々ジュラルミンは、実は日本が開発したアルミニウム合金です。

続いて革新的な構造について。


ショルダーベルトに荷重を引き寄せる為に必要だったトップスタビライザーベルトを
{Ergonomic Harness}デザインを開発する事で排除。
ただ背負うだけでバックパックが理想的な位置に固定出来ます。


例えばARC'TERYXのBlade だとこの様に肩部分に隙間ができてしまいますが、

-CPL-だとご覧の通り、肩の曲線に見事にフィット。

ショルダーベルト長はトップ(上面)を長く・ボトム(体面)を短くすることで、自然な湾曲を描きシワや嵩張りを抑え、体に自然にフィット。


パックを置く底部と、背負った際に1番張力がかかる部分には{Bias Cut Panel}を配置。

これは生地を45度の角度でカットした素材で、対角線の織り目を形成することで更に耐摩耗性が向上
更に僅かな伸縮性がでることで、衝撃緩衝性も増します。
この生地カット方法は、より生地の消費量が多くなる為、他社で行われることが少ないです。

それでは各モデルの特徴をご紹介いたします。


CPL(Civic Panel Loader)
都市生活に特化した24Lのフルオープンバックパック。
ARC’TERYX/Bladeユーザーを唸らせる完成度の高さです。


メインルームはパッキングが楽なフルオープン。


サイドハンドル下部には{7075 T6アルミステイ}が内蔵され、手で持った際の安定感が抜群です。


使用していて驚いたのが、内部の荷物が少ない時は自然に中心部が圧縮されるので型崩れしないこと。

今シーズンより新色【Standard Grey】が加わりました。
プライス 31,320円(税込)


MPL(Mountain Panel Loader)
1Dayトレッキングに適したデザインと30Lの容量は、ご旅行等にもご活用いただけます。


背面には剛性感に優れた{7075 T6アルミステイ}を内蔵。
ご購入時にお客様の頸椎~腰椎までのカーブに合わせて成形いたします


ARC’TERYX/初代Miuraを彷彿とさせるウィングウエストベルトが特徴的です。


何度も型をテストしてこのデザインに行き着きました。


肩~腰にかけての包み込まれるフィット感に驚かるでしょう

今シーズンより新色【Standard Grey】が加わりました。
カラー:Black,Standard Grey
プライス 35,640円(税込)


CTB(Civic Transit Bag)
全方位パッテッドパネルで構成された40Lのラゲッジ。


家族旅行や数日に亘る出張でも安心感のある容量です。


内部は延長パッドが立ち上がり、パッキングが楽で更に圧縮も簡単。
パッドの各コーナーには荷物量に合わせて可動するストレッチパネル


左右それぞれのハンドル下部に{7075 T6アルミステイ}を内蔵し、

この様に開いて移動する際もハンドルが折れず型崩れしません。


登山やスキーのギア・ウェアを整理するケースとしても◎

車中にもスッキリと収まります。

カラー:Black,Standard Grey
プライス 42,120円(税込)


MQD(Mountain Quick Draw)
クラシックなアタックザックをイメージした細身のデザインが美しい。

このモデル最大の特徴は・・・言葉よりこの動画をご覧いただくのが1番良いですね↓

(BGMもファンキー♪)


両サイドのデイジーチェーンはストラップを使用すれば、スキー、ストック、三脚など、様々なギアを固定可能

店長は最近の日帰り登山はこればかり。


特に気に入っているのが中~下部の荷物を素早く取り出せるサイドアクセスジッパー
中間のハンドルと逆方向ジッパーにより片手で操作可能です。

軽量・コンパクトなので、大型パックに入れて旅先で行動用パックとして使用するのも良いでしょう。

カラー:Standard Grey
プライス 29,160円(税込)


大量生産品とは一線を画す、熟練の職人によるハンドメイド品は、感動する背負い心地を約束してくれます。
2人の情熱が詰まったバックパックを是非お試しください。
2019.06.12 14:37 | 固定リンク | 新入荷情報
羊に感謝 2019夏
2019.06.10
大変お待たせいたしました、アメリカ・コロラドよりPOINT6ソックスが各種入荷いたしました。


Smartwool創業者であるPeter夫妻が、メリノウールソックスの性能を更に引き出す{Compact Spun}製法を開発。


飛躍的に繊維の耐久性を高めた紡績技術は、結果的にメリノウールの劣化(潰れ・フェルト化)、消失(毛玉・抜毛)が抑えられ、常にメリノウールの調温・調湿・衝撃緩衝性能を高レベルで持続させます。


最高品位の羊毛確保、独自の紡績加工、管理が行き届くMade in USAのこだわり等により、製品の種類やカラー展開は多くございませんが、その分現在手に入るメリノウールソックスの中で最高品質を誇ります。

大量入荷の中より、数モデルをピックアップしてご紹介いたします。

まずはローカットシューズに最適な丈最短モデル{No Show}より2クッションご紹介いたします。


-37.5 Ultra Light Micro-
カラー:Black,Gray
プライス 2,592円(税込)


-37.5 Extra Light Micro-
カラー:Black,Gray
プライス 2,700円(税込)


両モデル共に“待望の超速乾37.5 Technology採用”


クッションはUltra/ほぼノークッション<Extra/最低限のクッションとなり、どちらも内容積の少ないアプローチシューズや、繊細な足の動きが求められるランニングシューズにお勧めです。


No showデザインで傷めがちなアキレス腱部分には保護タブを備え安心です。


フロントもタンとの摩擦に対応する適度な長さがあります。


両モデル同じデザインなので、一見して見分けがつきにくいですが、縁に各クッションの刺繍がありますので安心です。

その他、37.5 Technology を採用したVaporシリーズでは、

定番モデル-Light Mini Crew-


-Light Crew-
-Medium Crew-

も再入荷しております。

「No Showよりも少し丈が欲しいけれど、Mini Crewより少し短い方が良い」
そんなリクエストに応えてくれるのが

-HE Extra Light Mini Crew-
カラー:Black
プライス 2,376円(税込)


Mini Crewより僅かに丈が短く、クッションも薄く設定されているだけですが、その僅かな差が軽快感とよりダイレクトな足裏感覚に繋がっております。

続いては定番Light Crewの丈を僅かに短くした新作

-HE 3/4 Light Crew-
カラー:Black,Gray
プライス


軽量バックパックでの日帰り登山に適したライトクルーを約2cm短くしただけですが、その僅かな違いが涼しさと軽やかさに繋がります

抜群のクッション性能で疲れ知らずのMedium Crewの丈を、なんとMini Crewまで短くした

-HE Medium Mini Crew-
カラー:Black,Gray
プライス 2,700円(税込)

クッションの嵩=吸湿量となりますので、大量発汗でもしっかり対応します。
あまりハイトの高くないレザーブーツと相性抜群です。


-Light Mini-と見分けがつきにくいですが、こちらも刺繍があり安心です。

ビジネス・ドレスシューズに最適な極薄・丈長モデルも新登場。

-HE Ultra Light Crew-
カラー:Black
プライス 2,808円(税込)

毎日の仕事でも、最高の足内環境をご提供いたします。
「皮革製登山靴にはソックス2枚履きが良い」というオールドスクールな方へもお勧めいたします。

その他にも、Vaporシリーズには無いライトブラウン【Earth】カラーで

-Light Crew-
-Medium Crew-
をセレクト。

ダークブラウンが魅力的な【Coyote Brown】カラーがラインナップされたBOOTシリーズから

-Medium Crew-
-Heavy Crew-
をセレクト。


ミッドクッションの約倍、ヘビークッションは最高レベルの衝撃緩衝性能を提供します。

どこかレトロな雰囲気の

-Mixed Stripe--Block Stripe-シリーズや、

ビビッドなグラデーションが美しい

-Peak--Rise-、-Finish Line-まで幅広くご用意いたしました。
丈の長さやクッションの違い等、ご不明な点は店長までご相談ください。

「靴下を換えるだけで、ここまで靴の快適性が向上するのか」
と驚かされるメリノウールソックスを是非お試しください。
2019.06.10 20:18 | 固定リンク | 新入荷情報
豆お勧めアースカラーフリース
2019.06.07
真夏日から一転、冷たい雨の日が続いております。
そんな端境期に最適な極薄フリースを2モデルご紹介いたします。

スキューバフードが活躍する

-Adahy Hoody- 18,360円(税込)
入荷遅延となっておりました【Redox】カラーがやっと入荷。
美しいレンガ色です。


オリーブ系カラー【Archipelago】の発色も素晴らしく悩んでしまいます。

魅力は175g/㎡という厚過ぎず・薄過ぎない自社開発素材Torrent}

表面は耐摩耗性に優れ滑らかな{Peached Face}

例えば-Gamma LT Hoody-の用に、裏地が凹凸織りされたシェルの下でも干渉せずに動き易い

裏面は保温性を高める{起毛加工}で、極薄ながら着用した瞬間から程よい温かさを感じます。


フード顎部分は縦型のパターンとなり、

開けていてもだらしなく倒れることがありません。

登場からまだ3シーズン目、ユーザー様より高い評価をいただいておりましたが
今季にて廃番
後継モデルの登場を確認しましたが、素材やフィット感は未確認ですので、気になる方はお早めのチェックを!

そして、嫌な予感が的中しまして・・・

前回ご紹介いたしました-A2B V-Neck-の廃番も決定
店頭在庫も僅かですので、こちらもお早めにどうぞ。


続きまして、元祖極薄フリース-Delta LT Jacket- 16,200円(税込)は今シーズンパターン変更。

より動き易く立体パターンとなり、それでいて今までの適度にゆとりのある着心地を両立。
オン・オフ問わず活躍してくれます。

素材は伝統のPolartec{Micro Velour Smallgrid} 152g/㎡

表面の凹凸は単体では通気性を促進し、シェルを重ねた場合は保温力を向上


裏のベロア面は滑らかで、着ただけで肩の力が抜ける様な着心地です。

初のライトブラウンカラー【Yukon】の発色も、その素材の魅力を見事に表現しております。
2019.06.07 17:33 | 固定リンク | 新入荷情報
快適の基
2019.05.23
どんなに高機能なシャツやシェルでも、直接肌に触れるベースレイヤーの性能が低く、相性が悪ければ相乗効果は期待出来ません。

今季も当店ではウール/化繊のハイブリッドモデルをお勧めいたします。

まずはシャツの下にレイヤードしても首元から見えないVネックモデル

-A2B V-Neck-

-A2B-シリーズはCommuterジャケット、LSシャツ、SSシャツ、パンツと次々に廃番となりましたが、なんとかVネックはラインナップに残っております。

今季で発売から4年目を迎え、ファンの方も増えてまいりましたので、今後も継続してくれれば良いのですが…


素材はARC’TERYX自社開発素材{Polylain}


Merino Wool 50%Polyester 50%を混紡した、ジャージーニット素材です。


メリノウールは調温性により体のオーバーヒートを抑え、調湿性により繊維間に汗を溜め込まず、たっぷり汗をかいても肌へ貼り付きません。
速乾性を促進させるポリエステルにより、シャツの下でもドライな着心地が得られます。

特に汗や熱が籠もりやすい脇下でその心地良さをご体感いただけますよ。


深すぎず・浅すぎない、絶妙なVネックラインの合わせは交差されており、着脱時や洗濯時のストレスを軽減してくれます。


袖は半袖のシャツから出ない様に適度な短さですが、単体で着用しても肌着を着ている様には見えないデザインです。

今季は2カラーをご用意。


絶妙なスモークブルーの発色が美しい【Neptune】


カナダ・ブリティッシュコロンビアにある地名を表現したセージカラー【Ucluelet】

プライス 8,640円(税込)

続きまして、こちらも定番のポロデザイン

-Pelion Polo-
今季はARC’TERYXらしいネイビーの発色【Labyrinth】をご用意いたしました。


Core Spunというナイロン糸/14%メリノウール/86%を巻き付けた革新的繊維を使用した{Nucliex 150}を開発。


この素材の特徴は薄手ながら驚くほど耐摩耗性が高い


その為、登山ウェアとしてTRAVERSEにラインナップされています。


ソフトな質感ですが「朝から吸汗と乾燥を繰り返し夕方になっても襟の形状が崩れない」とご好評いただいております。


脇下には{Gusseted Underarms}構造で腕の動きを妨げず、


肌に触れる縫製は全て{Mellow Stitch}仕上げ。
幅僅か2mmで縫い代を感じず、更に縫い目の引裂き強度も高めております。

山シャツとは思えないほど洗練されたポロシャツです。

プライス 14,040円(税込)

2型共にビジネスからアウトドアまで、幅広く活躍してくれます。
高品位なメリノウールの快適性を未体験の方もお試しください。

最後に少し変わり種をご紹介。

-Eris Tank-
ARC'TERYXでは珍しいタンクトップが登場。


胸ポケットは圧着するところがARC'TERYXらしいですね・・・

カラー:Pilot
プライス 5,940円(税込)
2019.05.23 15:54 | 固定リンク | 新入荷情報
Cool & Dry
2019.05.23
高温多湿な環境下でも、体を涼しくドライにキープしてくれるシャツが今年も入荷いたしました。


今季で10周年となりました名品-Skyline Shirt-


通気・速乾性が抜群な自社開発ポリエステル素材{Diem}を使用。

脇下や首回りに汗染みが出来ないほどの速乾スピードと、繊維の防皺効果により夕方になっても生地は美しいドレープをキープします。

薄くシルキーな肌触りに反して耐摩耗性もあり、UPF45+も備え山シャツとしても◎

伸縮繊維を混紡しない{メカニカルストレッチ}構造により、汗ばんだ体でも腕を上げる・体を捻るといった大きな動きを妨げることがありません。

長い歴史の中で、何度もデザインやパターンを改良。
着るだけで体が細く見える様な立体パターンは、過去最高の出来だと思います。



フロントは比翼仕立てとなっており、ボタンが見えずスッキリとした印象に。


襟の形状も昨年デザインを変更
生地も今までより張りがあり、より力強くシャープな印象を与えます。


久々登場の深紅色【Rohan】


清涼感のあるブルーアイス【Robotica】


ニュージーランドの固有種(エリマキミツスイ)の羽の色を表現した【Tui】


昨年映画のタイトルにもなった【Midnight Sun】


25日(土)には入荷が遅れておりました定番の【Black】が入荷予定となっております。

カラー:Black,Rohan,Robotica,Tui,Midnight Sun
サイズ:S,M
プライス 10,800円(税込)

極少量ですが、長袖も再入荷いたしました。

エメラルドグリーン・ブルーの中間色の様な【Odyssea】
【Iliad】と同じく、ギリシャ叙事詩より名付けられた名色です。


長袖の【Black】も25日(土)に再入荷予定となっております。

カラー:Black,Odyssea
サイズ:Sのみ
プライス 12,960円(税込)

過去には兄弟モデル
-Ridgeline Shirt-

-Peakline Shirt-

-Pathline Shirt-
など様々な兄弟モデルがございましたが、
lineシャツシリーズで唯一残り、進化してきたのが-Skyline shirt-です。

是非その機能美をお試しください。
2019.05.23 00:51 | 固定リンク | 新入荷情報
-Ulvo Hip Pack-
2019.05.19
現在は小型収納ギアといえば国内のガレージメーカーを中心としたサコッシュが主流となり、ARC'TERYX-MAKA-の登場以降、ヒップパックの進化も止まっていた様に感じます。

そんな中、久々に秀逸なヒップパックが登場しましたのでご紹介いたします。

先日ご紹介いたしました高耐久・防水生地{BERGSHELL}を贅沢に使用した


-Ulvo Hip Pack Medium-


-Ulvo Hip Pack Large-

財布や携帯電話など、貴重品を収納するヒップパックだからこそ、濡れに強いのは大変心強いですね。

雨に強いだけではなく、汗で濡れても吸湿しない為、背面にはメッシュパッドも不要
スマートフォンやカードの収納に便利な背面のパッテッド・ポケットを装備。


メインコンパートメントのジッパーは弓なり形状になっており、開閉作業がスムースで形状が崩れません。


バックルは中心ではなく左脇にオフセットされており、

サコッシュの様に袈裟懸けにしてもバックルが体へ干渉しません。


容量2LのMediumは、ミニマムサイズに合わせ細い25 mm幅ヒップストラップを使用。
倍の4LのLargeはより高荷重時の安定感を考慮し、38mm幅ヒップストラップを使用。


更にLargeは下部にコンプレッションストラップを装備


ボトムは反り上がるパネル形状となっており、ギアを固定しても本体の形状が崩れることがありません。


本体が防水生地なので、レインシェルや

折畳み傘など濡れたウェアやギアを固定しても問題無し。

これから始まる梅雨や盛夏の夕立など、野外で濡れるシーンで頼りになるモデルです。

実際に装着していただければ、その一体化するフィット感に驚かれますよ。

Fjallravenらしい、落ち着いたアースカラーにもご注目ください。

-Ulvo Hip Pack Medium-
プライス 7,560円(税込)
カラー:Black,RedGold,MountainBlue(完売),LaurelGreen

-Ulvo Hip Pack Large-
プライス 9,720円(税込)
カラー:Black(完売),MountainBlue,LaurelGreen
2019.05.19 14:12 | 固定リンク | 新入荷情報
ハンドメイドブーツ続々入荷
2019.05.18
スキー納めをされたお客様も増えてまいりました。
いよいよ登山シーズンということで、ブーツのお問い合わせが増えてまいりました。


今シーズンも当店はドイツの職人ブーツメーカーHANWAGをお勧めしております。


堅牢さと軽快さを兼ね備えた-Tatra 2 GTX Wide-

ご購入から1週間お預かりしてWAX加工を施しますとこの輝き。


今シーズンより{Click Clamp Eyelets}を採用。
甲のフィット感と足首のフィット感をしっかり分けて締める事が可能に


ソールも革新的な{Viblam AW Integral}を採用。
中足部を思い切り肉抜きして、ミッドソールとシャンクを一体化することで、軽量化しながら剛性感を向上


木型は幅にゆとりをもたせた{Wide Last}
ただ幅広なだけではなく、中足~踵のボウルまではフィット感を高め、甲も高過ぎず押さえが絶妙です。


圧着ソールモデルですが、-Yukon Wide-同様にソール貼替えも可能です。


日帰り~小屋泊~テント泊とオールラウンドに使用出来るモダンな1足です。

HANWAGといえば{Double Stitched=2重縫い}モデル

-Belgler-を忘れてはいけません。

こちらもWAX加工を施せばこの深い色艶に。


一見Single Stitched同じ様に見えますが、

構造も耐久性も全く異なります。


現在もドイツ・Vierkirchen/ヒア―キルヘンの工房で手作りされております。


ライニングは全面{カーフレザー}
その包み込まれる履き心地は、長時間の歩行でも疲れを軽減させ、長年履き続けることで自分だけの足型へと変化していきます。


今シーズンは上記の【Chestnut】カラーに加え、初めて【Hazelnut】カラーもご用意いたしました。


更に、今まで輸入が無かったこんなモデルまで…詳細は店頭にて。


最後はこの動画です。
何度見てもシビレます。
2019.05.18 14:41 | 固定リンク | 新入荷情報
伝統と革新
2019.05.03
前回ご紹介しました{G 1000}が半世紀以上愛される伝統の素材とすれば、

今回ご紹介いたします{BERGSHELL}は正に革新的な素材。


通常の【Filament Yarn】に比べ表面を起毛加工したような
【Air Textured Yarn】を使用した400デニールナイロンを使用。

実際は起毛加工ではなく、繊維に強力な空気を噴射する特殊加工
ARC'TERYXハードシェルのフェイスファブリックにも捲縮繊維加工として採用されています。



この加工によりFilament Yarnに比べ、繊維が直接摩耗しないので耐摩耗性が飛躍的に向上

更に世界初となる【Flat Rip Stop】を採用。


今までは生地補強の為に織り込まれた補強繊維は、その太さ故に1番最初に摩耗する繊維となっておりました。


しかしBERGSHELLは【Air Textured Yarn】の起毛嵩とリップストップ繊維の嵩を均一にする事で、凹凸の無い平織の様な生地に仕上げることを可能にしました。

なんとその耐摩耗・引裂き強度は500デニール・Corduraナイロンと同等というテスト結果も。

裏地にはTPU加工を施すことで、驚異の耐水圧20,000mmを実現。


これだけテクニカルな素材だと(厚くて硬い)イメージになりますが、
まるでソフトなコットンキャンバスの様な素材感
今までに無いしなやかな触り心地に驚かれることでしょう。


その完成度の高さが認められ、2018年6月ドイツで行われたヨーロッパ最大のアウトドアショー【ISPO】にて、最も革新的な素材に与えられる
{INDUSTRY AWARD 2018}を受賞

是非店頭で触れてみてください。今までに無い触り心地に感動されるはずです。

それではその{BERGSHELL}を使用したバックパックをご紹介します。
用途・季節・天候問わず、日帰り登山において万能なバックパック


-Bergtagen 38-


まず目を惹くのが“1本締めデザイン”
小型のアタックザックではよく見るデザインですが、38Lクラスでは大変珍しい。

中型はそのサイズを圧縮・固定する為に通常2本締めですが、
-Bergtagen-はリッドの形状を工夫する事で、このサイズでも一本締めで圧縮・固定する事に成功


流石、SMGA/スウェーデン山岳ガイド協会と共同開発したモデルです。


リッド下のインナーは瞬時に開閉可能なドローコード。

剛性感と荷重分散の為にデュアルステイを採用しておりますが、何とその素材はアルミではなく

“木製ステイ”


北欧家具でよく使用されるBirch(樺)材を、スウェーデンの木材成形bq FORM社に依頼して製造。
硬質なBirch材を頸椎~腰椎までの曲線を描きながら成形する技術は正に職人技


このBirch材はFSC国際森林協議会より(責任ある森林管理から生産された木材)として認証されております。


Birch材は均等で緻密な木肌を持ち、反りなどの狂いが少ない木材。
硬いだけではなく粘りがあり、水に強いので天然のステイ素材として最適なのです。


アルミと異なり、Birch材はその性能上外側に配置する事が出来るので、
より背面に近い位置にセットして剛性感を最大限引き出します


更にショルダー&ヒップベルトの面積を最小限に抑え、余った空間をエアチャンネルとして使用
これはARC’TERYX/BORAバックパックと同じ構造となります。


背面構造に自信があるからこそ、ヒップベルトを外しての使用も想定。

ヒップベルトコンプレッサーのバックルは、ワンタッチで開閉可能。


側面にはスキーも固定化なストラップシステムを装備。
スチールフックのプルタブは反射素材となっており、夜間の作業もスムース。


素早く固定可能なダイアゴナルスキーキャリーも可能です。


ハイドレーションの出し入れや、内部の視認性確保の為、通常背面上部に付いている小ポケットをサイドに配置。
他モデルとちょっとした違いですが、個人的に気に入っている作りです。

如何でしょうか?
今までに無い素材と構造で興奮しませんか?
ウェイトをご用意しておりますので、是非店頭にてお試しください。

-Bergtagen 38-
カラー:Hokkaido Orange(画像)、Mountain Blue
背面長:S/M(~44cm)、M/L(~49cm)
プライス 37,800円(税込み)
2019.05.03 16:32 | 固定リンク | 新入荷情報
一生付き合える相棒
2019.04.28
皮革製登山靴の様に、手入れをしながら長年にわたり愛用できる、店長が惚れ込んだバックパックをご紹介いたします。


1960年、スウェーデン・エルンシェルツビクにてÅke Nordin(オッケ・ノルディン)夫妻が創業した
Fjallraven(フェールラーヴェン)


1960年といえば、アメリカにてChouinard Equipmentが創業された頃。
Yvon Chouinardがブリキ小屋でピトン製造を始めた時、Åke Nordinも夫婦で自宅の地下室にて製品開発を開始。

1968年、既にグリーンランド遠征メンバーから絶賛されていたバックパック・テント素材
に、蜜蝋とパラフィンを含浸させたウェア素材を開発。

それが現在も受け継がれている{G 1000}素材です。

荒れ狂う天候のGreenlandを1000km走破するという偉業から生まれ名付けられました。

そのアイデアが北欧スウェーデンらしい。

創業者オッケが子供の頃よく遊んだスキージャンプで、お尻が濡れない様に臀部にスキーワックスを塗布していた事を思い出し、更に熱加工を加えテストしたところ大成功

ウェア素材として開発されたVentileやKlattermusenのEtaProofと同等の性能ですが、G-1000は元々テントやバックパックの為に開発された素材ですので、それらに比べ耐摩耗性が抜群に高くなっております

世界的にも厳しいオーストラリアのUVテストにて(50⁺)を取得。
紫外線により生地劣化・退色防止になります。


専用の-Greenland Wax-を塗り、ドライヤーで熱処理をする事で、常に高い耐久・耐水性を維持することが出来ます。

それでは、そのG1000を使用した伝統的バックパックをご紹介いたします。


-Stubben-
 
クラシックなデザインと、深い森の様な発色に魅了されますが、

このバックパック最大の特徴は“座れること”


パックの形状を安定させ、背負った際の剛性・荷重分散に優れたアルミフレームは、超軽量ながら堅牢
そのフレーム構造を、登山やスキーツアーの休憩中に椅子として使用出来ます。
入山前のブーツの脱着時や、靴紐結び直しにも助かりますね。

何故ここまで素晴らしいフレームワークが可能なのか?


実は“世界初のアルミフレームバックパックを製造したのはFjallraven”なのです。

60年台のスウェ―デンは航空産業大国。
その類を見ないほどに高度な航空アルミ製法技術を、世界で初めて背負子に応用

これ以降、この構造のバックパックは欧米に広く伝わり、後のバックパッキングブームへと繋がっていくのです。


天井部分にはフォーム材とプレートの二重構造となっており、長時間座っていても臀部は快適。


パックが濡れた状態で座る場合は、内蔵されているシートカバーをかければ臀部が濡れません
(Stubben=切り株)という名の通り、年輪がプリントされた遊び心溢れるデザインです。


フロントがL字型にジッパー開閉可能なので、座ったまま片手でメインコンパートメントにアクセスが出来ます


サイドには大型のテープとデイジーチェーンがあり、

スキーやアックス、三脚やロッドケースなど、様々のギアが固定可能。


オプションで-Stubben Side Pockets-もご用意いたしました。

本体の脇に取付ける事で収納力が増し、用途や季節で変化する容量に柔軟に対応します。


元Sweden軍・特殊部隊に所属していた、Fjallravenテスターのヨハン・スカルマンは、ここ日本でも何度もフィールドテストを重ねており、その経験が製品にも反映されております


Light&Fast、FastPackingが主流の時代ではありますが、それらに適したバックパックには無い、使い込む程に生地に味が出て、背負う程に身体に馴染むバックパックです。


「ずっと側に置きたくなる、
もし失くしてしまったら心にぽっかり穴が空くような製品」

そんな一生モノのバックパックを是非お試しください。


Fjallravenは1986年、スウェーデン国王陛下より王室御用達に任命された信頼のブランドです

-Stubben-
プライス 37,800円(税込)

-Stubben SidePockets- (2個セット)
プライス 5,400円(税込)

-Greenland Wax-
プライス 1,620円(税込)
2019.04.28 16:48 | 固定リンク | 新入荷情報
{Golden Week Fair}開催
2019.04.26
本日4月27日より
{Golden Week Fair}を開催いたします。

期間中、20,000円(税抜)以上お買い上げのお客様に

非売品ARC’TERYX 【Brushed&Mirrored シェラカップ】を進呈!!


カップ内部は輝く程に磨かれたミラー加工

外側はマット加工仕上げ。

今まで見たことの無い、2面デザインです。
ファンならずとも欲しくなる逸品ですね。
※無くなり次第終了となります。予めご了承ください。

連休前は新入荷ラッシュ!


ドイツよりHANWAG限定モデル


カナダよりARC'TERYXの入荷が遅れておりましたミッドレイヤーや、

待望のショートスリーブモデル多数。


そして、スウェーデンよりあの老舗メーカーの取り扱いを開始いたします。
詳細は後ほど。

連休中は厳選いたしました春夏ウェア&ギアを是非ご覧ください。
2019.04.26 18:38 | 固定リンク | 新入荷情報
伝統のキャンバスパンツ
2019.04.08
約15年前にARC’TERYX初のコットンキャンバスパンツとして登場した-Gamut Pant-


膝の立体裁断と太過ぎず・細過ぎないレギュラーフィットは、時代に流されることなくその後もGrifter,Spotter,Rogue,Bastionとモデル名を変えながら愛されてきました。

今シーズンは更に素材を改良した後継モデルが登場
 【Larix】
-Russet Pant-


その名の通り無骨で飾り気の無い、シンプルなデザインです。

ソフトなコットンキャンバスの様な肌触りですが、

{6.3オンス ストレッチ・ナイロンキャンバス}を使用。

 【Tui】
抜群の耐摩耗性はもちろん、化繊ならではの速乾性も備えております。


裾にはバンジーコードを備え、

サンダルやアプローチシューズ、ブーツ等、様々なフットウェアに対応いたします。


オールドファンには堪らないラギッドな雰囲気をお楽しみください。


カラー:Tui,Larix
サイズ:30,32inch
プライス 15,120円(税込)
2019.04.08 15:20 | 固定リンク | 新入荷情報
ARC’TERYX流クラシックデザイン
2019.04.06
ジョガーパンツやリブパンツとして、スポーツやファッションで人気の高い

(裾に絞りのあるパンツ)


アウトドアでもその歴史は古く、例えば近年復活したPatagoniaの-Baggies Pant-や、Gramicciの初期モデル等、足下の視認性を高める為に裾に絞りがありました。


70年代、Patagonia創始者Yvon Chouinardと

Gramicci創始者Mike Grahamに深い交流があったというのも頷けます。

そんなクラシックなデザインをARC’TERYX流に仕上げたのが

-Kestros Pant-


チョークバックを下げる為のウェイビングが腰にありますので、実際に岩での使用も想定されているモデルです。


立体構造は美しく脚にフィットし、野暮ったさはありません。

素材は革新的で最新。

表面耐摩耗性の為に高密度織りに

裏面凹凸織りにして毛細細管現象により吸湿性を促進させる2面構造織り
{Fortius Double Weave1.0}を使用。

高い評価をいただいております-Gamma LT Pant-に使用されている{Fortius Double Weave2.0}の約半分となり、その薄さ・軽さが素晴らしい!

よくこの薄さで2面構造織りが出来たな、と展示会で驚かされました。

カラーもレトロ感溢れる2色をご用意

【Yukon】


【Pilot】

休日着から登山、ご旅行等、これからの高温多湿な季節に最高の1本です。

4月8日の在庫状況は下記の通りです。(W=ウエスト、股下は全てREG)
【Yukon】
30W,32W
【Pilot】
30W,32W(完売)
プライス 15,120円(税込)

裾は絞らず、ストレートレッグデザインが良いな・・・
という方には、同素材を使用した

-Sabreo Pant-がお勧めです。


無駄な生地を削ぎ落としたトリムカットは、美しいラインを描きます。


カラーは【Black】の他に【Taan Forest】をご用意。

両モデル共通カラーではなく、それぞれ限定カラーをラインナップしてくれるのが嬉しいですね。

早速人気をいただいておりまして、サイズによって既に品切れとなっております。
4月8日の在庫状況は下記の通りです。(W=ウエスト、I=股下)

【Black】
30W-30I,30W-32I(完売),32W-30I(完売),32W-32I(完売)
【Taan Forest】
30W-30I,30W-32I(完売),32W-30I(完売),32W-32I(完売)

プライスは-Kestros Pant-と同じ15,120円(税込)となります。

個性的な両モデル、そのデザインの違いを店頭にてお試しください。
2019.04.06 16:08 | 固定リンク | 新入荷情報
プルオーバーの再評価
2019.03.16
90年代のPatagoniaを始め、アウトドアウェアのスタイルを確率した“プルオーバー”

しかし、脱着の容易さから“フルジッパー”モデルが主流になり、今ではプルオーバーは大変珍しいモデルとなりました。

一度お試しいただければ、プルオーバーにしかないウエスト~腰周りの絶妙なフィット感に魅了されるはずです。


現在ウィンドシェルの定番となっております-Squamish Hoody-も、2009年の初登場時は-Squamish Pullover-でした。たった1シーズンだけでしたが(笑)
店長も画像のRio Redを穴が開くまで着倒しました。


店長私物の-Alpha SL Pullover-もちょうど10年前の2009年モデル。現役です。
当時はハードシェルでもプルオーバーがあったほど、人気の高いデザインでした。

モデルは減りましたが、ARC’TERYXは現在も大切に1モデルのみ生産しております。
それが今シーズンの新作


-Sigma SL Anorak-

{Sigma}と聞いて「懐かしい」と思われるオールドファンの方も多いと思います。

WINDSTOPPERソフトシェルを使用した{Sigma}シリーズ。
その後{Venta}へシリーズ名を変更され、現在は廃番となっておりました。


画像は店長がBCクロカンツアーにて-Sigma SV Hoody-を着用していた15年前の写真。
裏地のフリースがすり減るまで着倒しました。

今回はそんなレトロなモデル名を冠したSuper Lightモデルが登場です。


素材は岩角との摩耗に耐え、抜群の通気性を備えた【Aequora AirPerm】を使用。

極薄のソフトシェル / 厚手のウィンドシェル…
表現が難しい、絶妙な生地圧は様々な天候・気温に対応。

何より着用しているのを忘れるほどの着心地の軽さと、伸縮生地に頼らない立体裁断により、山で1日中着続けてもストレスを感じません。


視界を妨げない3Dフードは、後頭部のループにアジャスターを通せばフードを折り畳む事が可能です。


ハードシェル等を上にレイヤリングする事を考慮し、袖口にはベルクロを付けておりません
その分、更に伸縮する素材を配置し袖口のフィット感を高めております。

フルジッパーに比べ脱着が面倒なプルオーバーですが、
“シャツの様に1日中快適に着続けられる”と考えれば、プルオーバーという選択肢もありだと思います。

カラー:Labyrinth,Infrared
サイズ:S,M
プライス 19,440円(税込)
2019.03.16 17:39 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -