Palisade 2018
2018.05.07
-Palisade Pant-2016年の改良は驚きました。
2016年モデル【Legion Blue】カラー
膝に立体裁断を施し、全体を大幅に細身へシェイプ


無くなっていたヒップポケットが復活し、

ポケットのライニングは全てメッシュに戻りました


ウエストバックルはプラスチックからメタルへ変更


バックルが湾曲されており、ウエストの形状にフィットさせるこだわり。
この辺は、ハーネスを起源にもつARC'TERYXならでは。


まちに補強生地を圧着する事で、サイドポケットは未使用時に膨らむことがなく、

収納時にはしっかりとボリュームを確保。


洗濯時にポケットに水が溜まらない様に、ドレイホールを付けております。


こちらは2015年モデルの【Ember】カラー

2015年以前のPalisadeファンの方にとって、2016年モデルの細さは抵抗を覚える方も多かった様で、

2017年モデルオールドファンにもご納得いただけるようなシルエットに再変更

店長も昨シーズン2本新調。
2016年モデルと比較したところ、2017年モデルの方が高温多湿な環境下で通気が高いと感じました。

これは体と生地との間に適度な余裕があった方が、内部の空気が流動し透湿する のだと思います。

同サイズでも、2016年モデルは生地が常に肌へ接するフィットとなり、これではどうしても裏地に汗が結露しやすくなります。

ご説明が長くなりましたが、2018年モデルのご紹介です!
今シーズンは2017年のシルエットそのままに、新色が登場。


夜明け前の夜空の色を表現した【Noctrune】


動物の毛色をそのまま発色した【Mangoose】


煉瓦の様な深い紅【Pompeii】

どれもPalisadeファンの心を掴む素晴らしいカラーです。


シルエットや構造の良さはご説明いたしましたが、Palisadeといえば{Terra Tex}素材。

超軽量ストレッチナイロンは通気・撥水性が高く、シワにもなりにくいので幅広い用途で活躍してくれます。


その高品質さは、究極のアーバンレンジウェアARC’TERYX/Veilanceでも使用されるほど

毛玉も出来ない耐摩耗性ながら、肌触りは常にサラッサラ。
店長もPalisadeやRampartを長年愛用しておりますが、このサラサラとした穿き心地も年々向上したと感じます

メーカー発表は無いですが、(常に繊維と向き合い、織りを研究する)姿勢が素材の心地良さに繋がるのだと思います。

素材・デザイン・構造、全て完成形になったPalisadeを是非お試しください。

カラー:Black,Noctune,Mangoose.Pompeii
サイズ:W30-I30,30W-I32,W32-I30.W32-I32
プライス 19,440円(税込)
2018.05.07 12:17 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -