アーバン・レインシェル
2018.05.09
W. L. Gore and Associates社が4年間の研究開発を経て2015年にリリースした
{GORE C-KNIT}

(雨天時以外も着用出来るレインシェル)がコンセプト。


通常の3層構造GORE-TEXに比べ、
最大10%軽量化・最大15%透湿性アップ


その理由は高密度・軽量丸編みニット裏地を採用したから。

この裏地は性能だけではなく、今までに無いしなやかさと滑らかさもあり、正に雨天時以外も心地良く着用出来るシェルとなっております。

日本国内のメーカーがこぞってレインウェアに採用する中、2015年秋にARC’TERYXがリリースしたのが今回ご紹介いたします

-Interstate Jacket-

ビジネス・トラベルといったタウンユースを専門とした24にラインナップ。
{GORE C-KNIT}のコンセプトにぴったりなモデルと言えます。

今回ご紹介する理由は、これからの梅雨にも活躍するだけではありません。
シーズン通して3年間生産されてきましたが、
“2018年Spring&Summerをもって廃番”となるからです。

最後にその魅力をご紹介いたします。


まず最初に目がいくのが首元の{Stow Hood}
フード収納式の高い襟は人間工学に基づいてデザインされ、ジップアップ時は圧迫感が無く、オープン時は型崩れせず美観をキープ。

廃番となった-Theta SL-や-Fission AR-も採用されていたこの構造、現在何故無くなってしまったのか?

答えは簡単(熟練の職人による製造の為、コストが高くなるから)
立襟にジッパーを設け、更にストームフードを内蔵させるので、通常の倍以上の製造過程・時間がかかるわけです。


ジッパーはレールが見えない{Conceal Zip}


ジッパープルには24の刻印を入れるこだわり。


表生地には{70デニール・平織生地}を使用。
コシがありシワの無い、ドレープ感のある生地ながら裏地がC-KINTの為、本体重量は僅か370g


チェスト&ハンドポケットの止水ジッパーは、レールをフラップ側に設け、手の抜き差し時に引っかかる事がありません。


ハンドポケットは外側にマチがあり高い収納力があります。
アウトドアモデルでは見たことの無い作りです。


袖口はベルクロではなく、2段階調整のスナップボタンを使用。
静音に優れ、すっきりとした見た目です。

{Articulated Patterning}により立体裁断され、下にブレザーを着用しても動き易さはアルパインシェル並みです。


丈の長さはコートとジャケットの間くらいの絶妙な長さとなります。
(CntreBack:75cm)

カナダ・国内在庫も切れ、店頭在庫も僅かとなりました。
最後の機会を是非お見逃し無く。

カラー:Black
プライス 66,960円(税込)
2018.05.09 17:52 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -