伝統のキャンバスパンツ
2019.04.08
約15年前にARC’TERYX初のコットンキャンバスパンツとして登場した-Gamut Pant-


膝の立体裁断と太過ぎず・細過ぎないレギュラーフィットは、時代に流されることなくその後もGrifter,Spotter,Rogue,Bastionとモデル名を変えながら愛されてきました。

今シーズンは更に素材を改良した後継モデルが登場
 【Larix】
-Russet Pant-


その名の通り無骨で飾り気の無い、シンプルなデザインです。

ソフトなコットンキャンバスの様な肌触りですが、

{6.3オンス ストレッチ・ナイロンキャンバス}を使用。

 【Tui】
抜群の耐摩耗性はもちろん、化繊ならではの速乾性も備えております。


裾にはバンジーコードを備え、

サンダルやアプローチシューズ、ブーツ等、様々なフットウェアに対応いたします。


オールドファンには堪らないラギッドな雰囲気をお楽しみください。


カラー:Tui,Larix
サイズ:30,32inch
プライス 15,120円(税込)
2019.04.08 15:20 | 固定リンク | 新入荷情報
ARC’TERYX流クラシックデザイン
2019.04.06
ジョガーパンツやリブパンツとして、スポーツやファッションで人気の高い

(裾に絞りのあるパンツ)


アウトドアでもその歴史は古く、例えば近年復活したPatagoniaの-Baggies Pant-や、Gramicciの初期モデル等、足下の視認性を高める為に裾に絞りがありました。


70年代、Patagonia創始者Yvon Chouinardと

Gramicci創始者Mike Grahamに深い交流があったというのも頷けます。

そんなクラシックなデザインをARC’TERYX流に仕上げたのが

-Kestros Pant-


チョークバックを下げる為のウェイビングが腰にありますので、実際に岩での使用も想定されているモデルです。


立体構造は美しく脚にフィットし、野暮ったさはありません。

素材は革新的で最新。

表面耐摩耗性の為に高密度織りに

裏面凹凸織りにして毛細細管現象により吸湿性を促進させる2面構造織り
{Fortius Double Weave1.0}を使用。

高い評価をいただいております-Gamma LT Pant-に使用されている{Fortius Double Weave2.0}の約半分となり、その薄さ・軽さが素晴らしい!

よくこの薄さで2面構造織りが出来たな、と展示会で驚かされました。

カラーもレトロ感溢れる2色をご用意

【Yukon】


【Pilot】

休日着から登山、ご旅行等、これからの高温多湿な季節に最高の1本です。

4月8日の在庫状況は下記の通りです。(W=ウエスト、股下は全てREG)
【Yukon】
30W,32W
【Pilot】
30W,32W(完売)
プライス 15,120円(税込)

裾は絞らず、ストレートレッグデザインが良いな・・・
という方には、同素材を使用した

-Sabreo Pant-がお勧めです。


無駄な生地を削ぎ落としたトリムカットは、美しいラインを描きます。


カラーは【Black】の他に【Taan Forest】をご用意。

両モデル共通カラーではなく、それぞれ限定カラーをラインナップしてくれるのが嬉しいですね。

早速人気をいただいておりまして、サイズによって既に品切れとなっております。
4月8日の在庫状況は下記の通りです。(W=ウエスト、I=股下)

【Black】
30W-30I,30W-32I(完売),32W-30I(完売),32W-32I(完売)
【Taan Forest】
30W-30I,30W-32I(完売),32W-30I(完売),32W-32I(完売)

プライスは-Kestros Pant-と同じ15,120円(税込)となります。

個性的な両モデル、そのデザインの違いを店頭にてお試しください。
2019.04.06 16:08 | 固定リンク | 新入荷情報
プルオーバーの再評価
2019.03.16
90年代のPatagoniaを始め、アウトドアウェアのスタイルを確率した“プルオーバー”

しかし、脱着の容易さから“フルジッパー”モデルが主流になり、今ではプルオーバーは大変珍しいモデルとなりました。

一度お試しいただければ、プルオーバーにしかないウエスト~腰周りの絶妙なフィット感に魅了されるはずです。


現在ウィンドシェルの定番となっております-Squamish Hoody-も、2009年の初登場時は-Squamish Pullover-でした。たった1シーズンだけでしたが(笑)
店長も画像のRio Redを穴が開くまで着倒しました。


店長私物の-Alpha SL Pullover-もちょうど10年前の2009年モデル。現役です。
当時はハードシェルでもプルオーバーがあったほど、人気の高いデザインでした。

モデルは減りましたが、ARC’TERYXは現在も大切に1モデルのみ生産しております。
それが今シーズンの新作


-Sigma SL Anorak-

{Sigma}と聞いて「懐かしい」と思われるオールドファンの方も多いと思います。

WINDSTOPPERソフトシェルを使用した{Sigma}シリーズ。
その後{Venta}へシリーズ名を変更され、現在は廃番となっておりました。


画像は店長がBCクロカンツアーにて-Sigma SV Hoody-を着用していた15年前の写真。
裏地のフリースがすり減るまで着倒しました。

今回はそんなレトロなモデル名を冠したSuper Lightモデルが登場です。


素材は岩角との摩耗に耐え、抜群の通気性を備えた【Aequora AirPerm】を使用。

極薄のソフトシェル / 厚手のウィンドシェル…
表現が難しい、絶妙な生地圧は様々な天候・気温に対応。

何より着用しているのを忘れるほどの着心地の軽さと、伸縮生地に頼らない立体裁断により、山で1日中着続けてもストレスを感じません。


視界を妨げない3Dフードは、後頭部のループにアジャスターを通せばフードを折り畳む事が可能です。


ハードシェル等を上にレイヤリングする事を考慮し、袖口にはベルクロを付けておりません
その分、更に伸縮する素材を配置し袖口のフィット感を高めております。

フルジッパーに比べ脱着が面倒なプルオーバーですが、
“シャツの様に1日中快適に着続けられる”と考えれば、プルオーバーという選択肢もありだと思います。

カラー:Labyrinth,Infrared
サイズ:S,M
プライス 19,440円(税込)
2019.03.16 17:39 | 固定リンク | 新入荷情報
背負い心地と軽量化を両立した新型バックパック
2019.03.15
展示会で初めて見た時、まるで昔に戻った様な錯覚に。


店長がアウトドアの世界にのめり込み始めた約20数年前、憧れのバックパックといえばOSPREYの-Backside Pro-でした。まだアメリカ製だった頃です。
その後、容量違いの-Scarab-も購入し、登山や出張で使い倒しました。

当時最先端素材だった軽量ながら強靱な{Spectra Nylon}を使用。


数年後にはARC’TERYXからも同素材を使用した限定モデル(確か日本別注)の-Sebring--Miura-が登場。


最近では同じ格子柄の繊維違い{Dyneema}を使用した-Cirque-もご好評いただきました。

このクラシカルな格子柄素材を使用したARC’TERYXの新型バックパックをご紹介します。


-Alpha AR 20-


-Alpha AR 35-

レトロなデザインですが、素材は革新的

315デニール高強力ナイロンのベースに、LCP(液晶ポリマー)を組み合わせました。
この剛直な棒状ポリマーは耐摩耗・耐引裂き性に優れ、弾力があるので生地の安定性に優れます

今までは同じ強度を得る為には、更に太い糸や硬い糸で織らなければならなかったのですが、超軽量ながら驚く程耐久性に優れた生地を開発する事に成功しました。


背面には剛性・荷重分散性に優れた{HDPEフレームシート}に、背中の形に成形可能な{6005 T6 アルミステイ}を融合。


お客様の腰椎~第七頸椎までの形に合わせて成形させていただきます


アルミステイも今までのM Barではなく、丸みのある管形状。
-Rolling Duffel-のフレーム開発によって得た技術が生かされているのだと思います。


背面に触れる高圧縮フォーム材は硬軟2重構造


フレーム内蔵により、より身体へ荷重を引き寄せるトップスタビライザーベルトと、

腰に荷重を引き寄せるヒップベルトコンプレッサーベルトを装備


先鋭的なパックでは省かれがちなハイドレーションホールとガイドも付いております

春スキーや登山シーズンも助かりますね。


35のヒップベルトは未使用時には可倒式となっており、腰周りがすっきり
ハイクアップ時はしっかりと締めて、滑るときは外す等、状況により調節可能です。


ショルダーベルトは肉厚な高級フォーム材{EV50}を使用。
湾曲してもシワがよらず、長年使用してもへたり難くフィット感抜群です。


20はシンプルな一本締め。
リッドのデザインが素晴らしく、1本ベルトであっても見事に圧縮・固定が可能です。

この美しいリッドデザインの為に、あえてポケットは付けない潔さ。


その代わりに本体に大型の止水ジッパー式ポケットを装備。


20はサイドコンプレッションベルトは無いですが、バンドを使用すればスキー等も固定可能です。


新開発のバックルはグローブをしていても確実に操作が可能です
サイドリリース型ではないので、破損の可能性が低くなります


10年以上前の-Khamsin-と変わらない伝統的なデザインながら、素材・背負い心地が格段に向上しております。

AR=ALL ROUNDというモデル名通り、様々なご用途にご使用いただける、頼れるバックパックの登場です。

-Alpha AR 20-
サイズ:1サイズ
カラー:Beacon,Robotica
プライス 17,280円(税込)

-Alpha AR 35-
サイズ:Short,Regular
カラー:Beacon,Robotica
プライス 27,000円(税込)
2019.03.15 19:25 | 固定リンク | 新入荷情報
Blastrack 2019-20モデル 試乗会
2019.03.07

9日(土)~10日(日)の2日間、山形蔵王ライザワールドスキー場にて
{Blastrack 2019-20モデル 試乗会}を開催いたします。

試乗は無料!受付時に身分証明書をご提示いただきます。
試乗開始は9:30より、14:30受付終了です。
1モデルのご試乗時間は最長30分となります。
アルペンビンディング(テック無し)・テレマークビンディング(75mm&NTN)をご用意いたします。

厳選された芯材と、熟練の職人技術により生み出される懐の深い乗り心地に魅了されるはずです。

当日はプロデューサーの木下氏も会場におりますので、直接プロダクトについてご質問していただけます。

今回はあしの豆とBlastrackより早期ご予約キャンペーンもご用意いたしました

更にPoleFreakも参加決定!
お試し用ポールを多数ご用意いたしますので、合わせてお試しください。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。
2019.03.07 20:44 | 固定リンク | 業務連絡
WHITE LINE初のソフトシェルパンツ
2019.02.02
前身ラインナップであるDESCENTの頃より、今まで1度もリリースされた事の無い

“WHITE LINE ソフトシェルパンツ”

15年以上、その役目を-Gamma MX Pant-が担っておりますが、よりスキーの動き・スキーツアーの快適性に特化したモデルを目指した結果生まれたのが、今回ご紹介いたします

-Rush FL Pant-

自社で素材開発から始めたほど、気合いの入ったモデルです。

{Aequora 2L}

表面はブッシュやスキーギアとの摩擦にも耐えるDWR加工済みナイロンを、

裏地は吸湿性を促進させ、肌触りが滑らかなポリエステルを使用。


ソフトシェルでありながら耐水性向上の為に、要所はシームテープ加工済み


オールドファンには嬉しい{REGULAR}フィットを採用。
4方向ストレッチ素材ですが、細すぎるカットではございません。


ウエストはベルトが付属され、更にベルトループを備えておりますのでお好みのベルトを通す事も可能。


WHITE LINEらしく取外し可能なサスペンダーも付属

激しい動きでもズリ下がることも無く、厳冬期にビブをご使用されている方にも違和感無くお使いいただけます。

薄着の際も考慮し、サスペンダーが体に触れる面は幅広いポリエステル製パッドを配置


腰にはWHITE LINEのジャケットと連結可能な{Slide’n Loc}を装備。


裾には{インナーゲイター}があり、風雪の侵入を遮断。
-Gamma MX Pant-には無いので、ユーザーからリクエストの多かった作りです。


例えば冬季登山靴やBCクロカンブーツの場合は閉めて、

プラブーツの場合は明ける等、ジッパーの開閉により様々なブーツの太さに対応します。


このジッパープルにも工夫が。
常にプルが上方向に跳ね上がっており、最下部まで下ろしても引きずらず、グローブでの操作性も向上しております。


ソフトシェルながら、強制換気の為に{Pit Zipper}も装備。
春スキーツアーのハイクアップ中に、太股のオーバーヒートを防いでくれます。


アイゼンやスキーエッジから守る{Keprotec}ガードも装備。
Stingerシリーズと全く同じ素材・面積を使用しております。


両足の太股には収納力のあるカーゴポケットも有り。
-Gamma MX Pant-同様、山岳ガイドから今でもリクエストの高いダブルポケット仕様です。


カラーはニュージーランドの固有種(エリマキミツスイ)の羽の色を表現した深みのあるネイビー【Tui】
ARC’TERYXのダークネイビーは希少で、ボトムスとなれば更に希少です。

スキーを納める5月までの3ヶ月間、脚を冷やさず・蒸らさず、激しい動きでもストレスの無い穿き心地で滑りを楽しませてくれます。

来シーズンはご用意がございませんのでお早めに。

サイズ:S,M
カラー:Tui
プライス 36,720円(税込)
2019.02.02 13:06 | 固定リンク | 新入荷情報
1シーズン限りのレンズカラー
2019.01.26

昨シーズン登場し、非常に高い評価をいただきましたPOCの最新ゴーグル-Orb-


光学レンズメーカーCarl Zeiss社との共同開発によって開発された、
革新的{CLARITYレンズ}は、強い雪面の照り返しや降雪の続く薄暗い状況下でも、雪面の大小様々な凹凸等、荒れた雪面状況をいち早く正確に捉える事が可能です。


(CLARITY=鮮明)という言葉通り、目に見える滑走者・雪・木・岩など、物体の輪郭を際立たせ、その物体同士や自分と物体との距離間を正確に知る事が可能です



{CLARITY COMP レンズ}という高速競技向けレンズも提案されていることから、
{CLARITY レンズ}よりゲレンデやバックカントリーでの使用を想定し研究開発されているという点も評価されております。


その高品質を維持する為に、Made in Italyに拘っております。


パッケージもかなりゴージャスです(笑)


今までのレンズは晴天を想定したSpektris Gold / VLT数値18%と、僅かに光量が減った天候を想定したSpektris Orange / VLT数値22%の2種類(No Mirrorを除く)しかございませんでしたが、
今シーズンのみニューカラーSpektris Rose Gold / VLT数値35%が登場。

この可視光線透過率35%という数値は、様々な天候に対応する絶妙な性能。
実際にテストしてみましたが、明らかに見え方が異なります。

バランスの良いレンズが登場してくれたと思ったら…
今シーズンにて廃番、来シーズンは製造無し(スペアレンズも生産無し)
何故…


このレンズを搭載しているのは全5色中こちらの{Ractose Red}のみ

落ち着いた深みのあるレンガ色は、ゴーグルとしては珍しいのではないでしょうか。


個人的には硬軟数種組み合わせたスポンジの高いフィット感も気に入っております。

店頭在庫も残り僅か、輸入元在庫も無し
ゴーグルのお買い換え時期の方、CLARITYレンズをお試しになりたい方は、間違い無く今シーズンですよ!

プライス 34,560円(税込)
2019.01.26 16:30 | 固定リンク | 新入荷情報
BCクロカン専用ポール
2019.01.25

長さは固定で、短い石突きと小さいバスケットが一体型、というのがクロスカントリースキーポールの特徴です。

整備されたコースでクラシカルやスケ―ティングを楽しむのであれば最適ですが、
山を歩き・登り・滑るBCクロカンのポールとなると、求められる作り・性能は異なります。

そのニーズに応えてくれるのが、今回ご紹介するオーストリアFischer社の

-BCX VARIOLITE-


その名の通り“BCクロカン専用”ポール


素材は超軽量ながら曲げや歪みに強い高強度{7075アルミ}を使用。
超々ジュラルミンとも呼ばれ、アルミ合金の中でも最高レベルの強度を持つ材質です。


ダイアゴナルやダブルポール等の操作がし易い様に、グリップは前傾され、
濡れても滑りにくい{コルクグリップ}を使用。


ストラップは{形状記憶EVA}製で、放してからの握りがし易く、力強く突くことが出来ます。


交換可能な{Flex Lite Basket}は大型で不整地での安定感が高く、
更に輪郭と中央をナイロンウェイビングで連結する独自の屈曲構造を採用。

後方に突いた際にウェイビングが動き、自動で角度調整をしてくれます


石突きも通常のクロカンポールより長く、危険箇所の通過や硬い雪面での使用に対応します。


素材が進化する前は、画像の様な皮革製が主流でした。

長さ固定式が主流のクロカンポールですが、こちらは長さ調節も可能!

MAX160cmですので、ご身長190cmまで対応可。
アルペンスキーポールの場合、ほとんどがMAX135cmですので、BCクロカンとの併用は無理でしょう。

店長の場合、身長170cmですので、フラットでは140cm、登りでは130cm、滑りでは115cmと調節して使用しております。


そしてなんと言っても素晴らしいのが、Fischer独自の{Air Lock 2.0}
長さ調節の際のレバー操作がスムース!

今までBlack DiamondやSINANO等、国内外のレバーロックを操作してきましたが、この作りが1番スムース且つ固定強度が高かったです。

流石Nordic Skiの老舗、BCクロカンというマニアックな遊びの為だけに開発されたポールです。

プライス 15,120円(税込)
2019.01.25 14:30 | 固定リンク | 新入荷情報
革靴でテレマークを
2019.01.05
SCARPA、ASOLO、MERRELL、GARMONT etc
既に皮革製テレマークスキーブーツの生産は終了しております。


そんな中、現在も極少量ながら作り続けているイタリアの老舗ブーツメーカーCRISPI

ただ昔ながらのモデルを作り続けているのではなく、常に進化させているのがCRISPIの素晴らしい点です。


今回ご紹介いたします-BRE-は、本来{ノルウェー限定モデル}でしたが、紆余曲折あり日本で初めて取り扱うこととなりました


歩き・登るだけではなく、快適に滑ることまで考え【2.6~2.8mm厚のフルグレインレザー】を使用。

耐久撥水加工により、雪上でも革本来のしなやかさも失いません。


そして歴代の革靴と決定的に違うのが“GORE-TEXをライニング”していること。


それも外側だけの貼り合わせではなく、足裏も含め“360℃包まれたブーティー仕様”
革靴で問題となる防水性能を極限まで高めております。

防水や防寒性能だけでなく、GORE-TEXメンブレンは内外気温差が大きければ大きいほど透湿性能も高まりますので、冬靴には最適な皮膜構造と言えます


Viblamソールはノルウェイジャン・ステッチ製法により、何度でも貼替えが可能
この貼替えも考慮して、コストと手間がかかるブーティーを採用しているとも言えます。


足首には捻挫等の怪我を最小限に抑える【A.B.S.S】システムを採用。

凹凸のある雪面を歩き・滑るスキーブーツにとって、大変心強い構造です。


タンにはズレを防ぐ【Xレーシング】を採用。
LOWAやHANWAGも採用しており、このズレを防ぐ事でタンの厚みを適材適所変える事が可能になります。


もちろん信頼のMade in Italy

軽快な道具も選択出来る、ターンの感覚が独特など、
アルペンスキーに比べてテレマークスキーの魅力は多々ございますが、
“現在も革靴で雪上を歩き滑ることが出来る”という事も魅力の1つですね。

紆余曲折があり…とご説明しました通り、このモデルの来シーズン取扱いは未定でございます。
「いつかは革靴を」とお考えの方は是非この機会をお見逃し無く。

サイズ:EU40~43(1サイズずつアップ)
カラー:Black
プライス 50,760円(税込)
2019.01.05 16:19 | 固定リンク | 新入荷情報
ハンドメイド・スキーポール
2019.01.04
惜しまれつつ昨年3月で生産販売を終了した国産スキーポールブランド{Mount}

そのスウィングバランスの良さと、マニアックな存在感でプロスキーヤーやガイドの使用者も多いポールでした。


そのMountの元職人が、1人で新たに立ち上げたのが{POLE FREAK}です。

シャフトやパーツも当時のまま、この道20年以上の職人が一組一組手作業で仕上げております

美しいシャフトデザインとカラーも魅力的ですが、1度振っていただければその心地良さに魅了されるでしょう。

店長も魅了された1人です。


こちらは11mmタフカーボン素材をシャフトに使用した-NOT.B- 18,360円
いままでカーボンポールに抱いていたイメージが崩されるでしょう。


軽いだけではない、ポールとの意識の一体感があるモデルです。
(Not Break=壊れない)というモデル名通り、耐久性も◎
アイアングレーカラーも渋いですね。


こちらは18mm高力アルミ素材をシャフトに使用した-F.A.T- 17,280円


バスケットに向かっての美しいテーパードが、絶妙な振り心地を実現しております。
一見ブラックに見えるほどのダークネイビーカラーも精悍です。


シャフトだけではなく、このグリップのラバー素材・長さ・太さ・凹凸等々、握り心地も最高です。

その他のモデル・カラー・アクセサリーもご用意いたしました。
是非店頭でそのスウィングバランスの素晴らしさをご体感ください♪
2019.01.04 15:58 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -