7年振り
2021.06.18
コロナ禍により、今シーズンの-Skyline Shirt-新色はたった1色のみですが、待望のオフホワイトカラーが登場しました

【Rune】


北欧のバイキングが使用していたルーン文字が刻まれた石碑の色をイメージ。


こちらは2014年に販売された【Luna】
その名の通り、月の色をイメージした発色でした。
その後、オフホワイトカラーは一切ラインナップされず、今シーズン待望の再登場となりました。


スパンデックス等の伸縮繊維を一切混紡せず、
“織り方で伸縮するメカニカルストレッチ”するオリジナル素材Diemはシワも寄らず、通気&速乾性抜群!!UPF50⁺でしっかりと日焼けを防ぎます。


個人的に袖口の縫製を排除したラミネート加工は、腕を伸ばした際に引っ掛からず◎

来季のカラーラインナップにオフホワイトはありませんので、お早めにどうぞ!

サイズ:S,M
プライス 11,000円(税込)
2021.06.18 15:10 | 固定リンク | 新入荷情報
蚊帳で快適に
2021.06.04
今年もコチラをご紹介する季節となりました。
ENOハンモック専用の蚊帳

-Gurdian SL Bug Net-

ハンモックの心地良さを、夏も楽しみたいならコレがお勧め!


無駄の無いハンモック形状のネットは、360度虫の侵入を防ぎます


非常に目の細かい{SkyWeave LiteMesh}は、僅かな光と風も取り込んでくれるので、心地良く過ごす事が可能です。


設営は簡単、ハンモック両端のカラビナにループをかけるだけ。


上部のリッジラインにより、ネットをカーテンの様に片方へ寄せて開閉も可能です。


更に中央にJ字型ジッパーを備え出入りも可能

開けて座ったままでのブーツの脱着も可能です。

今回ご紹介しました蚊帳を含め、ハンモック+ストラップ+タープの総重量は1,050g
現在の軽量ソロテントは1,200~1,300gが多いですので、重量面においてメリットもございます。

テント泊の場合はフォームorエアマットがプラスされますので、マット不要なハンモックは更に装備を減らすことが可能です。

木々があるか、等の設営環境によりますので一概には言えませんが、テントよりもハンモックで寝るメリットも多くございます。

蚊帳は毎シーズン売り切れが早いですので、お早めに!

プライス 7,150円(税込)
2021.06.04 14:27 | 固定リンク | 新入荷情報
ハンモック専用設計タープ
2021.06.03

解放感あるハンモックにとって、日射し降雨のプロテクションは重要です。


そこで、ENOはハンモック形状に合わせた専用設計のタープを開発しました。


-ProFly Sil Rain Tarp-


シリコン加工済み30デニールナイロンに、耐水圧1000mmPU加工を施し、重量と収納寸を考慮しつつ、耐久性と耐水性に妥協はありません。遮光性の高い深緑/Lichenも◎


強風時の張力に耐えられる様に縫い目は全て“2重縫製”仕上げで、漏水を防ぐ為に“シームテープ加工”が施されております。このシームテープ加工はゴワつかず、しなやかで畳んで収納する際もスムースです。


全てのラインは光を反射するリフレクト仕様で、夜間の安全性を高めます。
ラインロック・テンショナーは長さ調節が楽々。


DAC社製のアルミスティックペグも必要数セットされておりますので、直ぐにご使用いただけます。


個人的に気に入っているのが、タープ単体で設営出来るので雨天時は
Guardian SL/蚊帳→Quilt/寝具→ハンモック&ストラップ→タープ
と、タープ下で全て濡らさずに撤収出来ること。

シリコン加工されているので水弾きもよく、木の葉等も滑り落ちやすいのでメンテナンスの簡単です。

専用タープでより長くハンモックタイムをお楽しみください。

重量:510g
収納寸:21×11cm
プライス 17,600円(税込)
2021.06.03 12:38 | 固定リンク | 新入荷情報
ハンモックで熟睡を
2021.05.28
テントではなくハンモックで寝るメリットとは…
1、グラウンド状況に影響されない
2、エアマット不要
3、横向きでも痛み知らず
4、底が汚れずメンテナンスが楽


デメリットは、木が無いと設営出来ない(笑)くらいでしょうか。

今回はハンモック専用インサレーションをご紹介します。

寝袋で寝ると底面のロフトが潰れてしまい、保温性が著しく低下してしまいます。
そこでENOが開発したのが

-Ember Under Quilt- (以下Ember)


ハンモックを外側から包み込む用にセット出来るので、ロフトが常に確保され保温性を最大限生かす事が出来ます。


設営は両端のループをカラビナ/トグルに引っ掛けるだけ。


そして伸縮コードで“ハンモックとEmberとの距離を調整可能です”
寒い日はハンモックにピッタリフィットさせ、穏やかな日は数センチ間を空けると通気性が促進されます。


これだけボトムがしっかりしているので、上掛けはシンプルに。
ただし、低温下では寝袋へチェンジ可能なキルトを開発しました。


-Spark Camp Quilt-


穏やかな夜はかけるだけ、寒い夜はスナップ閉め裾を絞ればマミースタイルに。
就寝前の食事や焚き火時にはチェアにかけて毛布代りに使える優れもの。



Ember、Spark共に疎水性化繊綿を封入。
快適使用温度帯は4~15℃、森林限界下の3シーズンは丁度良い設定です。


2重構造で表裏縫い目をずらした{Offset Quilted Construction}はコールドスポットが無く均一な保温性を実現。


シェルは高強度40デニール・リップストップナイロンに、

DWR(耐久撥水)加工が施され、朝露・小雨小雪を弾きます。


ライナーはソフトな30デニール・ナイロンタフタで、肌触り◎

ハンモックを積極的に野外寝具としてご使用いただける、信頼性の高いキルトセットです。


ARC’TERYXの発色好きには堪らないEvergreenカラーをご用意しました。


店内にて設営可能ですので、どうぞお試しください。

-Ember Under Quilt-
重量:754g
プライス 20,900円(税込)

-Spark Camp Quilt-
重量:718g
プライス 20,900円(税込)
2021.05.28 14:15 | 固定リンク | 新入荷情報
Relaxin・・・
2021.05.20

ハンモックメーカーENOより夏のRelaxin'Chairが入荷しました。

【Navy】
-Lounger SL-


【Olive】

【Seafoam】


大好評いただきました-Lounger DL-メッシュ素材にして、通気性抜群です。


カップホルダーや脚の延長を排除し、1.6kgという軽さを実現
片手で持てる程軽いので、DLよりも運搬が楽です。


軽量且つ堅牢なアノダイズ処理された6061アルミ製フレームは、

Voileストラップ一本で結束可能。合わせてお勧めします。


ハンモックの様に身体を吊るすデザインは、一度試すと病みつきになる極上の座り心地です。

DL同様、売り切れが早いですので、お早目のチェックを!

カラー:Navy,Olive,Seafoam
プライス 15,070円
2021.05.20 19:20 | 固定リンク | 新入荷情報
よりシンプルに
2021.05.14
【Black】
2016年よりラインナップされた-Cormac-シリーズ。

トレイルラン向けのデザインとフィットでしたので、今まで当店ではセレクト無しでしたが、今季より大幅に改良されましたので初セレクトしました。


-Remige-同様、化繊ながら綿の様に滑らかな{Ostria}を使用。(UPF50⁺)


TEIJIN社と共同開発されたポリエステル繊維は、吸湿拡散は勿論、僅かな風も通す高い通気性が特徴。

高通気性素材といえば-Velox-に使用されている{Libro}ですが、{Ostria}は更にメカニカル・ストレッチ性があり身体に追随するので、より快適な着心地です。


シャツと肌との空気の流動を促進する新たなパターン…
と言われても分かり難いですが、着用してみると常に肌と一定距離、空間が確保されております。


昨季までは袖口にリフレクターを配置しておりましたが、今季からは排除され、より汎用性が高まりました。
(この点は-Motus SL SS Crew-が後継となります)


全体の縫製は幅2mmの{Mellow Stitch}
今までの{Flat Seam Lock}よりも、直接肌に触れ時の縫い目の違和感がありません。


更に脇下はガセット仕様で、直接縫い目が当たりません。
夏は脇下が常に汗ばみ、腕との擦れがあり皮膚が敏感になりますので、この作りは大変快適です。


首裏にはシームテープ加工が施され、肌との摩擦を防ぎ縫い目の耐久性を向上させました。

よりシンプルに、より快適に、新型-Cormac-を是非お試しください。

【Microchip Heather】

プライス 8,250円(税込)
2021.05.14 13:33 | 固定リンク | 新入荷情報
アンダーでも単体でも
2021.05.13

廃番-A2B V Neck-後継モデルとして昨シーズン登場した

-Remige Shirt-


高い吸湿拡散・通気性はもちろん、天然繊維の様なメランジ調の風合いが魅力の自社開発Polyester100%素材{Thalden}を使用。


-A2B V Neck-の後継モデルらしく、首元は深過ぎないVネックデザイン


シャツの下では見えない、絶妙なVラインとなっております。


首裏の縫製には共生地の補強を施し、製品寿命を延ばしてくれます。


アメリカDUPON社が開発した細菌の発生を抑制する消臭加工{Silvadur}により、臭いも気になりません。


脇の下はガセット(まち)構造で縫製が無く、汗と熱で不快感が増す脇下を快適にキープしてくれます。

元々ハイク用に開発されており、単体で着用しても耐摩耗性も抜群。
UPF50⁺で、紫外線から身体を守ります。

暑さと日射しだけではなく、多湿な環境下でもドライな着心地を提供してくれるTシャツです。


待望の黒色【Black Heather】
初年にBlackが無いのは、ARC’TERYXあるあるですね。


シーゾナルカラーの【Kinetic Heather】もご用意しました。

サイズ:S,M
プライス 7,150円(税込)
2021.05.13 14:10 | 固定リンク | 新入荷情報
初の改良
2021.05.10
-Palisade Pant-の兄弟モデルとして2016年に登場した
【Black】
-Lefroy Pant-初の改良となりましたのでご紹介します。


カナダAlberta州とBC州の境にあるContinental Divide上のMount Lefroyから名付けられました。
Continental Divideといえば初期のMontrailにもその名を冠した名品シューズがありましたね。

それでは初代モデル(以下V1)と比較しながらご紹介します。


速乾スピードはPalisadeと同等ですが、通気性は-Lefroy-の方が格段に上
気化冷却を促す自社開発素材{Aequora Air Perm}は、高温多湿なシーズンに不快指数をグッと下げてくれます。


全体のパターンを見直し、より無駄の無いシルエットに。
特に下脚をテーパードさせ、足元の視認性を向上


V1のウエストバンドは-Palisade-の素材{Terratex}を使用していましたが、

ボディと同素材に変更


前傾時にバンドの端の縫製から捲れることがあった為、待望の改良です。


V1は右太腿のカーゴポケットを全周縫製で縫い付けていましたが、
内側に独立したポケットを設け、収納力が向上し縫製も減少し美観にも優れます


V1はバックポケット無しでしたが、

今回2バックポケットが付きました!
これはユーザーからの強い要望が採用されました。
飛び出し防止のフラップも嬉しいですね。


ハンドポケットは端の縫製を排除し、出し入れの際によりスムースに。


膝は予め屈曲する事を考慮した作りで、


股下には開脚して吊り上がらないガセットクロッチ。
素材の伸縮性に頼らない、見事な立体構造です。


個人的に(-Rampart Pant-のデザイン、穿き心地に似ているな)と感じました。
廃番となった-Rampart-は-Palisade-と同素材のデザイン違いでしたので、-Lefroy-が-Rampart-に近づいたのも納得出来ます。

先鋭的な作りになるのが改良ではなく、より快適に、そして過去のモデルからも学ぶ事も改良である事を教えてくれます。

【Microchip】

【Tatsu】

真夏でも快適に穿けるパンツをお探しの方は是非お試しください!

プライス 14,300円(税込)

【Black】
30W-30I(完売)、30W-32I(完売)、32W-30I、32W-32I
【Microchip】
30W-32I(完売)、32W-32I
【Tatsu】
30W-32I(完売)、32W-32I

※W=ウエスト、I=股下、上記5/12店頭在庫となります
2021.05.10 12:11 | 固定リンク | 新入荷情報
10年以上愛される名品
2021.05.01
昨春、ポケットをジッパー式に戻し、腕のフィット感を見直し、 (山シャツ)へ戻ってきた

-Skyline Shirt- 【Black】


2010年の登場以来、素材は常に改良を重ね、現在のメカニカルストレッチポリエステル・DIEMは過去最高の性能と美しさを備えております。(UPF45+)


裾は縫製から圧着に戻され、耐久性と美観が向上。


金属製から樹脂製ボタンへの変更も嬉しい点。


2014の【Luna】を彷彿させる【Rune】


【Noctune】の流れをグレーで表現した【Nocturnus】


上記新色の再入荷に加え、昨秋にご紹介しました
SMU=Special Make Unit={特注カラー}を、
輸入元の協力により今回ご用意することが出来ました。


ARC’TERYXの衣類製造初期の名色で石灰殻を意味する【Cinder】と、

名色【Indigo】を彷彿させる藍色【CobaltMoon】

即完売したカラーですので、お早めにどうぞ。

汗染みを確認出来ない程の速乾スピードと、僅かな風を通す通気性の高さ、
絹の様に滑らかながら、毛羽立たない抜群の耐摩耗性、
そして夕方でもシワや型崩れが起きない美しさ…

山での快適性と、街での美観を長年追求したシャツです。

プライス 13,200円
2021.05.01 15:00 | 固定リンク | 新入荷情報
シャツの様なシェル
2021.04.26
以前ご紹介しました-Atom SL Hoody-(完売)と同じシェル素材を使用したウィンドシェル


-Nodin Jacket-


兄貴分の-Squamish Hoody-より糸の径を10デニール細くした{Tyono 20}は、Spandex等を混紡しなくても、ナイロン繊維の織り方で伸縮させる{Mechanical Stretch}構造。

保水する伸縮繊維が不要なので撥水・速乾性に優れ、更にシワになりにくく美観にも貢献。


個人的に高評価しているのがベルクロを排除した半伸縮袖口
バックパックに手を入れた際に引っ掛かることが無く、ベースレイヤーやシャツに直接触れても安心。

昨シーズンから-Squamish Hoody-も同じ袖口になりましたが、シェル要素が強かった為、賛否両論でした・・・


被るだけで頭部にフィットする{Scuba Fit}のフードは、

不要の場合はコンシールジッパーで襟に収納な{Stow Hood}
手間暇かかる構造の為、現在ではこのモデルのみとなってしまいました


今シーズンから-Atom SL Hoody-のフードも束ねられる作りになり、強風下や自転車の際に快適です。


バックパックと干渉せず、首周りも快適です♪


脇下から裾にかけてウエストの曲線をだす立体構造となっており、バックパックを背負った際も余計な生地が無いので快適です。


当店が惚れ込んだ2021年シーゾナルカラー【Kinetic】
お見逃し無く。

プライス 24,200円(税込)

2021.04.26 16:25 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -