自立・半開きバックパック
2020.03.29
大変お待たせいたしました。

今回もクラウドファンディングにてスタートし、そのデザインや構造は発売前より確認出来ておりました新作

CHZ(Civic Half Zip)が待望の入荷です。


まずは創始者であり製作者のJack&Kevinの説明をどうぞ。

CHZの魅力は今までありそうで無かった、

“自立式デザイン”と、荷物の出し入れが容易な“半開き構造”

自立をさせる為には、底面積を広く取らなければいけませんが、CHZはバックパック全体のバランス(型)を追求する事で、底面積に頼らずに自立する事が可能になりました


絶妙なジッパーレールの長さ・角度により、ハーフジップを全開にするとフロントパネルが可倒。パッキングや取り出しが楽々です。

EVERGOODS初の両サイドポケットも装備


伸縮素材でと中央のまちにより、

太いボトル等でもしっかりホールド。


非常に深さもあり、バイクのロックを入れても振動時の飛び出し心配無し。


角はドレイホールで、雨天時にポケット内部の速乾性を促進します。
これは本体生地{High Tenaciy Nylon}の耐水性能の高さを表しているとも言えます。


{Ergonomic Harness}により、スタビライザーベルトを排除。


背負った際はテンションがかかり荷重分散性能を発揮し、

未使用時は蛇腹の様になり、ショルダーが浮いて邪魔になりません。


メインコンパートメントが満杯でも、トップポケットには充分な余裕があり、収納力◎


ジッパーには強度と耐久性が極めて高いYKK製{Racquei Coil}を使用。
精密に噛み合うフラットな面はDWR加工が施され、雨水の浸入を許しません


数量限定カラー【Dark Khaki】もご用意いたしました。

その操作性の高さと、包み込まれる背負い心地をお試しください。

プライス 25,300円(税込)
2020.03.29 14:58 | 固定リンク | 新入荷情報
残雪のスキーツアーに
2020.03.11

“EVERGOODS/いつまでも良いものを”
というコンセプトのもと、クラウドファンディングによりアメリカ・ボーズマンにて立ち上げられたバックパックメーカーEVERGOODS


昨シーズン登場しました片手で開閉可能な24Lの万能モデル

MQD(Mountain Quick Draw)

クラシックなアタックザックをイメージした細身のデザインが美しい。


MQD本体の両サイドにはデイジーチェーンが備えてあり、20mm幅のストラップを通してギアを固定可能


重量のあるテレマークor ATスキーを【Aフレーム】にて取付けも可能ですが、

これからの残雪期は雪が出るまで、または雪が途切れたりしてブーツで歩く機会も増えてまいります。

そんな時は取付け・取外しが容易な【ダイアゴナル】がお勧め。

数人でツアーをしている時は、お互いに取付け・取外しをするとバックパックを下ろさなくて更に楽です。


Aフレームよりも身体から遠ざけてスキーを取付けするダイアゴナルですが、
トップスタビライザーベルトを排除した{Ergonomic Harness}デザインにより、重くなればなる程に荷重分散を体感出来ます。


その完成度の高さにより、本国アメリカでも高評価を得ているモデルです。

カラー:Standard Grey
プライス 29,160円(税込)


CPLの限定カラーDark khakiも美しい・・・
2020.03.11 19:20 | 固定リンク | 新入荷情報
上を向いてみよう
2020.03.05

新緑と残雪のコントラストの中、軽快に歩き滑る。
ハンモックに揺られながらのコーヒー&ランチタイム。

穏やかな天候に恵まれる3月以降は、BCクロカンツアーに最適な季節となります。

あしの豆では、この度の新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、今後の野外イベントについて検討し、下記の通り実施してまいります。

3~5月迄のイベントは通常通り行います。
(宿泊を伴うイベントは中止)

各イベントの参加人数は最大5名までとさせていただきます。

当日までに体調に不安がある方、風邪の様な症状がある方のご参加はお断りさせていただきます。

当面の間は上記の通りとなりますが、感染症の状況が変わり次第、変更または中止とさせていただきます。
その際は詳細をホームページにてお知らせいたします。

春山で身体を動かして汗をかき、風を感じて残雪を滑る。
自然の中、笑顔で楽しむ事が免疫力を向上させてくれる事だと思っております。

そんな春山へのお出掛けにお勧めしたいのが、ENOハンモック
前回ご紹介しました{20周年記念限定モデル}も即完売となりました。

より軽量に、よりコンパクトに、携帯性を追求したのが今回ご紹介します

-Sub 6-


-Super Sub-

両モデル共に耐荷重は136kg
では何が違うかというと、横幅が異なります

Sub6/119cmに対して、SuperSub/188 cm、その差69cm
縦に寝る時よりも、横に座る時に横幅の違いが出ます

身体に対して奥行きがありますので、頭部から脚までソファの様にゆったり寛げます。


休憩時も腰掛ける椅子の感じで充分という方、
寝具として可能な限り重量を削ぎ落としたい方
は、Sub6がお勧めです。
(Sub6/165gに対して、SuperSub/270g、その差105g)


収納寸は画像の通り約半分です。


素材は30デニール・リップストップナイロンを“バイアス状に使用”
織りを斜めに配置することで、より耐摩耗・耐久性を向上。
これはEVERGOODSバックパックの主要箇所にも使用されております。


更に“メカニカル・ストレッチ”の為、身体を預けた際に生地が僅かに伸縮し、包み込まれる座り、寝心地を実現しております。

本体が決まれば、あとはストラップ選び。

Subシリーズのトグルにジャストフィットする-Helios Strap-をセットでどうぞ。
(今季よりスタッフサックの反面がメッシュとなり、雪・雨に濡れた際の速乾性アップ)


スルスルと簡単確実に無段階調整可能

2本合計で重量は僅か162g
こちらもDyneemaロープ使用で、Subシリーズと同じ耐荷重136kgです。


eno製品に付けられているメッセージrelax・・・


こんな状況だからこそ、家族や仲間、大切な方とハンモックを持って空を見に行くのも良いのではないでしょうか。

-Sub 6- 10,450円(税込)

-Super Sub- 12,650円(税込)

-Helios Strap- 4,950円(税込)
2020.03.05 18:22 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -