BCクロカン専用ポール
2019.01.25

長さは固定で、短い石突きと小さいバスケットが一体型、というのがクロスカントリースキーポールの特徴です。

整備されたコースでクラシカルやスケ―ティングを楽しむのであれば最適ですが、
山を歩き・登り・滑るBCクロカンのポールとなると、求められる作り・性能は異なります。

そのニーズに応えてくれるのが、今回ご紹介するオーストリアFischer社の

-BCX VARIOLITE-


その名の通り“BCクロカン専用”ポール


素材は超軽量ながら曲げや歪みに強い高強度{7075アルミ}を使用。
超々ジュラルミンとも呼ばれ、アルミ合金の中でも最高レベルの強度を持つ材質です。


ダイアゴナルやダブルポール等の操作がし易い様に、グリップは前傾され、
濡れても滑りにくい{コルクグリップ}を使用。


ストラップは{形状記憶EVA}製で、放してからの握りがし易く、力強く突くことが出来ます。


交換可能な{Flex Lite Basket}は大型で不整地での安定感が高く、
更に輪郭と中央をナイロンウェイビングで連結する独自の屈曲構造を採用。

後方に突いた際にウェイビングが動き、自動で角度調整をしてくれます


石突きも通常のクロカンポールより長く、危険箇所の通過や硬い雪面での使用に対応します。


素材が進化する前は、画像の様な皮革製が主流でした。

長さ固定式が主流のクロカンポールですが、こちらは長さ調節も可能!

MAX160cmですので、ご身長190cmまで対応可。
アルペンスキーポールの場合、ほとんどがMAX135cmですので、BCクロカンとの併用は無理でしょう。

店長の場合、身長170cmですので、フラットでは140cm、登りでは130cm、滑りでは115cmと調節して使用しております。


そしてなんと言っても素晴らしいのが、Fischer独自の{Air Lock 2.0}
長さ調節の際のレバー操作がスムース!

今までBlack DiamondやSINANO等、国内外のレバーロックを操作してきましたが、この作りが1番スムース且つ固定強度が高かったです。

流石Nordic Skiの老舗、BCクロカンというマニアックな遊びの為だけに開発されたポールです。

プライス 15,120円(税込)
2019.01.25 14:30 | 固定リンク | 新入荷情報
革靴でテレマークを
2019.01.05
SCARPA、ASOLO、MERRELL、GARMONT etc
既に皮革製テレマークスキーブーツの生産は終了しております。


そんな中、現在も極少量ながら作り続けているイタリアの老舗ブーツメーカーCRISPI

ただ昔ながらのモデルを作り続けているのではなく、常に進化させているのがCRISPIの素晴らしい点です。


今回ご紹介いたします-BRE-は、本来{ノルウェー限定モデル}でしたが、紆余曲折あり日本で初めて取り扱うこととなりました


歩き・登るだけではなく、快適に滑ることまで考え【2.6~2.8mm厚のフルグレインレザー】を使用。

耐久撥水加工により、雪上でも革本来のしなやかさも失いません。


そして歴代の革靴と決定的に違うのが“GORE-TEXをライニング”していること。


それも外側だけの貼り合わせではなく、足裏も含め“360℃包まれたブーティー仕様”
革靴で問題となる防水性能を極限まで高めております。

防水や防寒性能だけでなく、GORE-TEXメンブレンは内外気温差が大きければ大きいほど透湿性能も高まりますので、冬靴には最適な皮膜構造と言えます


Viblamソールはノルウェイジャン・ステッチ製法により、何度でも貼替えが可能
この貼替えも考慮して、コストと手間がかかるブーティーを採用しているとも言えます。


足首には捻挫等の怪我を最小限に抑える【A.B.S.S】システムを採用。

凹凸のある雪面を歩き・滑るスキーブーツにとって、大変心強い構造です。


タンにはズレを防ぐ【Xレーシング】を採用。
LOWAやHANWAGも採用しており、このズレを防ぐ事でタンの厚みを適材適所変える事が可能になります。


もちろん信頼のMade in Italy

軽快な道具も選択出来る、ターンの感覚が独特など、
アルペンスキーに比べてテレマークスキーの魅力は多々ございますが、
“現在も革靴で雪上を歩き滑ることが出来る”という事も魅力の1つですね。

紆余曲折があり…とご説明しました通り、このモデルの来シーズン取扱いは未定でございます。
「いつかは革靴を」とお考えの方は是非この機会をお見逃し無く。

サイズ:EU40~43(1サイズずつアップ)
カラー:Black
プライス 50,760円(税込)
2019.01.05 16:19 | 固定リンク | 新入荷情報
ハンドメイド・スキーポール
2019.01.04
惜しまれつつ昨年3月で生産販売を終了した国産スキーポールブランド{Mount}

そのスウィングバランスの良さと、マニアックな存在感でプロスキーヤーやガイドの使用者も多いポールでした。


そのMountの元職人が、1人で新たに立ち上げたのが{POLE FREAK}です。

シャフトやパーツも当時のまま、この道20年以上の職人が一組一組手作業で仕上げております

美しいシャフトデザインとカラーも魅力的ですが、1度振っていただければその心地良さに魅了されるでしょう。

店長も魅了された1人です。


こちらは11mmタフカーボン素材をシャフトに使用した-NOT.B- 18,360円
いままでカーボンポールに抱いていたイメージが崩されるでしょう。


軽いだけではない、ポールとの意識の一体感があるモデルです。
(Not Break=壊れない)というモデル名通り、耐久性も◎
アイアングレーカラーも渋いですね。


こちらは18mm高力アルミ素材をシャフトに使用した-F.A.T- 17,280円


バスケットに向かっての美しいテーパードが、絶妙な振り心地を実現しております。
一見ブラックに見えるほどのダークネイビーカラーも精悍です。


シャフトだけではなく、このグリップのラバー素材・長さ・太さ・凹凸等々、握り心地も最高です。

その他のモデル・カラー・アクセサリーもご用意いたしました。
是非店頭でそのスウィングバランスの素晴らしさをご体感ください♪
2019.01.04 15:58 | 固定リンク | 新入荷情報
2019年初売り
2018.12.29
先程全ての業務が終了いたしました。
本年もあしの豆をご利用いただき誠にありがとうございました。

来年は1月3日午前10時より初売りとなります。

20,000円以上お買い上げのお客様に

Point6メリノウールソックスを進呈!

30,000円以上お買い上げのお客様に

非売品ARC'TERYXグッズを進呈!!

画像左より
ブラック・シェラカップ・ステンレスカップ・モレスキンメモ・バンダナ
全て無くなり次第終了となります。

来年も価値ある魅力的なギア&ウェアをご用意いたします。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
2018.12.29 16:30 | 固定リンク | 新入荷情報
極上の暖かさ
2018.12.26
ドイツ語で(温泉)を意味する(Therme/テルメ)
正に体の芯から温めてくれる極上のコート

-Therme Parka-

お陰様で完売いたしました-Thorium AR Hoody-と同じ

{750FP European Grey Goose Down}を封入。
850FPではなく、WhiteGooseDownでもない…GORE-TEXの下だからこそあえて…。
このご説明は長くなりますので、店頭にてご説明いたします。

このダウンが素晴らしいのは品質だけではありません。

{Down Contour Composite}という特殊な構造により快適性を更に促進させます。

DownとGORE-TEXシェルとの間に化繊綿{Coreloft}の極薄層を配置
この極薄層がダウンを通過した体からの湿気・汗を一時的に確保。
ゆっくりと透湿するGORE-TEX皮膜へ、結露させること無く受け渡すのです。

透湿性の高いGORE-TEX C-Knitの3層目・裏地と同じ考え方となります。


腕を下ろしている時に生地が重なる体の側面(袖~脇下~裾)にかけては自社開発化繊綿{Coreloft140g/㎡}を封入。
フードは更に嵩張らないように{Coreloft100g/㎡}を封入。

シェルも特殊なフェイスファブリックを採用。

{P75d GORE-TEX 2L}

ARC’TERYX製品の中で、唯一ポリエステルシェルにGORE-TEXをラミネート
75デニールと太いポリエステル糸を特殊な織り方を施すことで、まるでコットンやウールの様な質感を実現しました。
着用時の暖かさだけではなく、見た目も暖かいモデルです。


袖口や、

フラップにはベルクロを使用せず、グローブやセーターと触れても傷付けないように配慮されております。


フード内側の首周りには僅かに中綿を封入した{Neck Gasket}を装備。
この立襟が後頭部からの冷気侵入を防ぎ、起毛された内張は肌に直接触れても快適です

カラーは今シーズンの限定カラー【Caribou】をご用意いたしました。
テクスチャー加工された生地感と相まって、アースカラー好きにはたまらない発色です。

このコートが活躍する寒さになってまいりました。
Koda Jacket同様、メンテナンスをすれば10年は活躍してくれるモデルです。

カラー展開により、来シーズンは当店での取扱いはございません
ブラウンカラーがお好きな方は是非1度ご覧ください。

カラー:Caribou
サイズ:S
プライス 89,640円(税込)
2018.12.26 18:30 | 固定リンク | 新入荷情報
{あしの豆福袋2019}ご予約スタート!
2018.12.10
毎年ご好評いただいております

{あしの豆福袋}

12月10日(月)より2019年のご予約を開始いたしました

毎年、当日販売分もご用意したい・・・と思うのですが、お陰様で予約で完売となっております。

当店が取り扱っておりますアウトドアウェア・ギアが約倍額(60,000円~65,000円)入っております
来年の内容も、皆様が笑顔になっていただけるような良品ばかりをご用意いたします。

ご期待ください!!

{あしの豆福袋2019}
お値段 32,400円(税込)
サイズご指定:US.SまたはUS.M


※福袋の返品・交換は一切承れません。ご了承ください。
※各サイズ限定数量販売の為、無くなり次第ご予約は終了とさせていただきます。
※例年通り、通信販売も承ります。お届けは初売り日の2019年1月3日となります。
通信販売ご希望のお客様はホームページの(CONTACT US)よりお申し込みください。
2018.12.10 12:02 | 固定リンク | 新入荷情報
廃番Phasicアクセサリー
2018.12.03
何故これだけ高性能な製品が廃番になるのか…

同素材の-Phase AR-ベースレイヤーは来シーズンも継続販売されますので、
理由としては頭部~顔~首の立体構造の難しさでしょうか。兎に角残念です。

それでは今シーズンで廃番になります

-Phase AR Balaclava-

-Phase AR Neck Gaiter-の素晴らしさをご紹介いたします。


素材は日本の繊維メーカーTEIJINと共同開発した{Phasic AR}


汗を吸い上げる親水性ポリエステルと、その汗を肌側に戻さず表面に拡散させる疎水性ポリエステルの混紡生地。

以前は疎水性の為にポリプロピレン糸を混紡しておりましたが、その必要が無くなり今まで以上に薄く滑らかな生地に仕上げる事が可能に。
汗や呼気による濡れを抑え、常にドライな質感です。

独自のDAO加工により防臭性も◎
付け直した際の(あの不快感)がありません。


表面は摩耗に強い密な織りですが、

裏地は嵩をもたせ柔らかな肌触りと適度な保温性があります。


頭部~顔~首にかけて、立体パターン生地を最小限の縫製で組み合わせ、ご覧のフィット感を実現。

生地の伸縮性に頼らず、圧迫感の無い絶妙な形状となっております。


バラクラバは以前ご紹介しました改良-Stryka Hoody-と同じく、頭部と本体を分離するスリットがあり、頭部だけを下げることも、頭部を被ったまま口元を下げることも可能です。


胸元までしっかりフィットするので-Rho LT Zip-等のジップネックとも相性抜群

-Stryka Hoody-のバラクラバ部分だけを取り外したモデルと言えます。


ネックゲイターも鼻まで上げてフェイスガードにしても圧迫感が無く、ずり落ちてこない立体構造です。


下げればシンプルなネックゲイターに。

{Phasic}素材のアクセサリーは年々減ってしまい、既に廃番となった名品-Phase Toque--Phase Glove-は、今でも多くのリクエストをいただきます。

来シーズンは後継モデルも無いですので、スキーやバイクスポーツ等のヘルメットユーザー様は、入手出来る最後の機会をお見逃し無く!

-Phase AR NeckGaiter-
カラー:Black
プライス 3,240円(税込)

-Phase AR Balaclava-
カラー:Black
プライス 4,320円(税込)
2018.12.03 16:13 | 固定リンク | 新入荷情報
1シーズン限りの復活
2018.11.30

確かCovertが登場したのが約15年前だったと記憶しております。

ウールセーターの質感ながらポリエステル100%という、当時革新的なフリース素材Polartec社の{Thermal Pro Sweater Knit}を採用。


同社よりその年の【APEX AWARD】も受賞しました。

次回のWHAT’S NEWでご紹介いたします-Covert Cardigan-、-Covert Hoody-に加え、当時は-Covert Pullover-、
【Black Heather】
そして今回ご紹介いたします-Covert Vest-がラインナップされておりました。

-Covert Vest-は登場後1、2シーズンで廃番になりましたので、約10年振りの復活となります。

{Thermal Pro Sweater Knit}の問題点はただ1つ“毛玉になりやすい”こと。


これを解消したのが自社開発素材{Alpenex}

ウールセーター特有の編みはそのままに、従来よりも格段に耐摩耗性が向上。
使用回数が多いフリースにとって、保温性と同じ位重要な性能だと思います。
ウールセーター独特の霜降感=Heatherを見事に再現しております。

素材変更に伴い、フィット感も改良。
【Pilot Heather】
オリジナルの丸みのあるリラックスフィットから、体のライン沿ったレギュラーフィットへ。

-Covert Cardigan-の袖無しモデル…ではなくベスト専用デザイン。


胸から立ち上がる立体構造の立襟は圧迫感はありません。


最小限のチンフラップを備え、ジッパープルが顎に当たりません。


立襟の高さは-Covert Cardigan-の6cmに対して、-Covert Vest-は4cmと短くすることで、

-Keppel Trench Coat-の様なサテンカラーのコートの襟にもジャストフィットします。


-Stryka Hoody-の様な薄手のフードが乗っかっても問題無し。


オリジナルは左裾に刺繍ロゴがございましたが、復刻モデルは背面にひっそりと。

寒い冬の日はいつもの重ね着にプラス1着ベストを重ねれば、腕の動きを妨げずに体幹の保温性がアップします。

秋や春に、シャツの上に羽織るだけでも重宝しますね。

使い勝手の良いモデルの、待望の復活でしたが…
今シーズン限りで廃番となります。

僅か1シーズンの復活…
理由はこの後にご紹介いたします-Covert Cardigan & Hoody-に繋がります。

希少なモデルとなりますので、お早めにどうぞ!

カラー:Black Heather , Pilot Heather
サイズ:S,M
プライス 17,280円(税込)
2018.11.30 16:27 | 固定リンク | 新入荷情報
テレマークの原点、最終入荷
2018.11.28

(1987年、Ray-Banをかけた当店オーナー)

子供の頃、父のスキーに付いていた不思議な金具。

(3ピン)の愛称で長年愛されたテレマークビンディングの原型

-Super Telemark-


昔のパッケージには、かなりクラシックなポジションが描かれておりました(笑)

昨シーズンより噂はございましたが、今回輸入元より正確な情報を得ました
既にノルウェーにあるRottefella本社では生産終了となり廃番
本社倉庫の在庫限りで販売終了となります。

今回ご用意いたしました最終ロットが、その本国最終在庫分となります。

既に欧米では{New Telemark Norm}が主流となっておりますので、時代の流れと言えばそれまでなのですが、

{75mm Nordic Norm}の軽快な歩き・滑りはこの道具でなければ味わうことが出来ません。

アメリカVoile社よりもRottefella社製の3ピンが優れている点をご紹介いたします。


ノブが大きく、開閉作業が非常に楽です。


万が一、ブーツのコバにトラブルが発生しても、スキーバンドを貫通・固定出来る専用ホールがあるので安心です。


この様にブーツとビンディングを、スキーストラップでしっかりと固定可能。


もちろん信頼のMade in Norway


スキーのステップカットを効かせて、ソフトブーツで雪面を踏むあの感覚…
押しバネ式スプリングの力を借りずに、足裏の荷重だけでスキーを撓ませる快感…

3ピンファンの方はスペアとして、
まだ未体験の方は、今後必ず使用したくなる道具になると思いますので、是非1セットご用意ください!

プライス 11,664円(税込)
※当店にてご購入のお客様は、何年後でも取付け料は無料となります。
2018.11.28 17:14 | 固定リンク | 新入荷情報
カリブーカラー・コレクション
2018.11.21

冬を代表する鹿科の動物であり、その中でも北米(アラスカ・カナダ)に生息する個体を【Caribou】と呼びます。

日本では【トナカイ】と呼ばれており、その語源はアイヌ語の呼称【トゥナッカイ】が由来だそうです。


北欧フィンランドのサンタクロースの橇を牽くことでも有名ですね。

国を問わず愛されるCaribou/カリブーの毛並みの色を、今シーズンで9年目となる
ARC’TERYX定番モデルで表現しました。


-Atom LT Jacket-


-Atom LT Hoody-


以前ご紹介いたしました-Koda Jacket-(こちらの【Caribou】カラーは完売)と同じ化繊綿(Coreloft)と、脇下のフリースをハイブリッド構造にして、保温と通気のバランスを保つアウター兼ミッドレイヤー


今シーズンより、脇下のフリースをPolartec社製(PowerStrech HardFaceTechnology)より、自社開発フリースへ変更。

今までの耐摩耗・通気・伸縮性はそのままに、どうしても耐久性の為に必要だった格子柄を排除することが可能になりました。

これにより、更にボディカラーと統一した発色が可能となり、美観にも優れます

性能だけではなく、常に美しく表現する為に素材を追求するARC’TERYXの姿勢は、こんなところに表れています。


こちらは2013年に購入した店長私物の-Atom LT Hoody-


6年間酷使しておりますが、シェルはもちろん、脇下のフリースにも毛玉1つありません


袖口のストレッチニットも全く伸びることなく、今でもピッタリとフィットします。
新品(画像右)と比べても、ほとんど見た目に変わりがございません。


スキーパンツやビブに入れる事を考慮し、Jacketの裾にはドローコード無し。
逆にHoodyはアウター使用の為にドローコードを備えております。


現在の改良モデルは、顎のパネルを縦型に配置することで、フードが折れずしっかりとスタンドします。


こちらのカラーは【Kodiak】
アラスカ半島に生息する巨大なヒグマの毛並みを表現しました。

店頭で着ておりますと、お客様から「そのカラーは今無いのですか」とよく聞かれました。

ARC’TERYXが動物の名前をカラー名に採用することは大変珍しく、私の記憶ではかなり昔にSigmaモデルの【FOX】と、最近Gamma LTで出た【Mongoose】くらいだと思います。

今季限りのカラーとなりますので、Coyote系カラーがお好みの方はお見逃し無く!

-Atom LT Jacket-
プライス 31,320円(税込)

-Atom LT Hoody-
プライス 34,560円(税込)
2018.11.21 16:25 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -