JacketからHoodyへ
2019.11.18
通常は立襟フーディーの2型ラインナップされることが多い中綿モデル。

【Black】
今回ご紹介いたします7MESHの-Outflow Hoody-は、

廃番となった-Outflow Jacket-からの進化した希有なモデル。

首元のデザインが異なるだけではない、フーディ専用設計となっております。


表・裏地共に{20D Double Weave}生地を使用することで、伸縮繊維未使用ながら適度に伸縮し、しなやかさからは想像出来ない程の耐摩耗性があります。

中綿は{PRIMALOFT GOLD}から、より通気性を促進させる

{PRIMALOFT GOLD ACTIVE⁺}へ変更。


1983年、アメリカ陸・海軍特殊部隊から要請を受け研究開発されたPRIMALOFTは、年々その品質を改良。

{PRIMALOFT GOLD ACTIVE⁺}は、なんと乾燥時のグースダウン/800-900フィルパワーの断熱能力と同等
ロフトが濡れても、遮熱能力の96%を維持する最高の人工断熱繊維です。

ミッドレイヤー/中間着色の強いJacketは、中綿の封入量身頃80g・袖60gでしたが、
単体でも使用機会の多いフーディは、身頃100g・袖80gと封入量をアップ。

着用時に着膨れ感が無いのは、脇下~二の腕下まで大胆に綿抜されている為です。
これにより、余計な熱・汗排出を促進させます。


フード周りは縁取り材未使用でヨレが無く、


袖口・裾にはジャージーニットで手首と腰に自然にフィットします。


顎周りの起毛素材もジップアップ時に心地良し。

カラーは【Black】の他に、

【Tobias Blue】をご用意いたしました。

裏地のGlacier Whiteカラーとの組み合わせも見事。
ARC’TERYXの名色【Miro Blue】を思い出すオールドファンも多いのではないでしょうか。

冬の普段着からゲレンデでの中間着、雪かきの相棒まで幅広く活躍するモデルです。

プライス 47,300円(税込)
2019.11.18 13:47 | 固定リンク | 新入荷情報
フィールドとタウンを繋ぐ中間着
2019.11.14

ARC’TERYX元CEO/Tyler Jordanを中心に、ブランドを牽引してきたメンバー達で立ち上げた{7MESH}


カナダ・Squamishに本社を構え、常に革新的な素材・構造・デザインを追求する職人気質なブランドです。

羊の温もりが恋しいこれからの季節、単体でも中間着としても活躍する

-Callaghan Hoody-は如何でしょうか。


保温・調湿・調温性に優れたMerinoWool 35%を裏面に、

耐摩耗・吸湿速乾性の為にPolyester65%を表面に使用した自社開発素材を使用。

アクティビティ時にはベースレイヤー、タウンではTシャツと薄手を1枚だけレイヤリングする事を想定し、縫い目は全てMicro Stitched Seamsで仕上げております。

その縫い代、僅か3mm

縫い目の存在感が少なくなるだけではなく、高密度に縫われている為、縫い代が僅かでも引き裂き強度が高くなっております。職人の高度な技術を要する仕上げです。

余計な生地を省く苦ことで、Mサイズ平均重量僅か380gを実現。


袖口のリブニットの合わせ部分は圧着処理をして、縫い合わせの不快感を払拭


右ポケット内部にはSmartPhone専用ポケットが備えられております。
出し入れがし易く、内部で落ちない様に斜めに取り付けられていたり、
液晶に傷をつけない起毛素材を使用していたり、非常に凝った作りです。


スキーリゾートとして有名なウィスラーに近い、バンクーバーオリンピックパークがあるCallaghan Valleyから名付けられました。


このパークではバイアスロン・ノルディック複合・ジャンプ・クロスカントリーと、全てのヒールフリースキー競技が行われていた会場です。

Callaghanという地名に相応しいモデルであり、ヒールフリースキーを愛するあしの豆としては大変嬉しいモデル名です。


カラーは精悍な【Black】


森林に溶け込む【MOSS】をご用意いたしました。

プライス 29,700円(税込)
2019.11.14 14:13 | 固定リンク | 新入荷情報
ザ・ソフトシェル
2019.11.13
以前ご紹介いたしました-Proton LT-の様な“Breathable Insulation / 通気中綿着”が台頭した事で、現在は存在感の薄くなった“Softshell”

しかし、ヨーロッパ・北米の山岳ガイドから、今でも熱い信頼を得ているモデルがあります。


-Gamma MX Jacket & Hoody-
1998年登場
現在も最高のハードシェルと賞賛される-Alpha SV Jacket-と同時に登場したソフトシェルの代名詞。


こちらはちょうど10年前の2010年、サポートライダーGreg Hill氏が語っていた動画。
【Lichen】カラーが美しかったです。

当時はARC’TERYXとPolartec社が共同開発した{Power Shield}を使用。


2011年には更に表面の耐摩耗性と裏地のフリースに嵩をもたせた自社開発素材{Fotius 2.0}へ素材を変更。

この素材進化こそ、GORE WINDSTOPPERを使用したARC’TERYXソフトシェルSigmaやVentaシリーズが廃番になった理由といえます。

その最大の理由は、
“防風メンブレン未使用なのに抜群の耐風性がある”ということ。

メンブレン未使用ということは“生地は柔らかく・通気性が高い”ということにも繋がります。
(着心地はフリース、性能はGORE WINDSTOPPER並み)という背反する素材の魅力。

そのメカニズムについては語ると長くなりますので、店頭にてご説明いたします。


2012年には裏地のフリースを改良し、従来よりも15%も軽量化を実現

素材は常に研究・開発・テストを繰り返してまいりましたが、デザインは一切変えず。
その代わり、毎シーズン楽しみなのが1シーズン限りのカラー。


Blackとは異なる、炭がもつ独特な淡い黒色【Blackbird】


日本人に馴染みのある小豆色を表現した【Flux】


カナダ・ユーコン準州のフィールドを表現したオールドファンには堪らない芥子色【Yukon】


ギリシャ神話・オリオン座からインスパイアされた夜空色【Orion】


そして、HoodyではラインナップされていないJacketオンリーカラー
【Bushwhack】

アルパインウェアといえば、鮮やかなカラーが多いですが、どれも当店好みの渋いアースカラー。

約20年デザインを一切変えず、素材を進化させ愛されてきたモデルにしかない魅力を、是非お試しください。

-Gamma MX Jacket- 38,500円(税込)
-Gamma MX Hoody- 44,000円(税込)
2019.11.13 14:31 | 固定リンク | 新入荷情報
真鍮と琺瑯
2019.11.11
MiiRの魅力といえば高品位な素材、美しいデザイン、


そして購入される製品の一つ一つがプロジェクト基金となる、その過程を購入者がトラッキングして確認できるビジネスモデル{Giving Project}

私たちの購入が、世界の何処かで役立つ、誰かの笑顔に繋がる、素晴らしいビジネスにあしの豆も共感しております。

そんなMiiRから限定モデルが入荷いたしました。

レトロな琺瑯を纏った

-Speckled Camp Cup-


【Red Gloss】


【Blue Gloss】


【Green Gloss】


【Grey Gloss】

選ぶのが難しい、どれも美しい発色です。

続いて、見惚れてしまう輝きの真鍮を纏った

-Copper Camp Cup-

使い込む程に品のある輝きが増す逸品です。


琺瑯・真鍮共に354ml
ビールの350ml缶が泡まで入れてちょうど良く、スープを飲むのもにも絶妙なサイズ感。


蓋はしっかり閉まるPress Fit Lid構造です。

各色、少量の入荷となりますので、お早めにどうぞ。

-Speckled Camp Cup- 4,070円(税込)
-Copper Camp Cup- 4,840円(税込)
2019.11.11 21:40 | 固定リンク | 新入荷情報
元-SV-の実力
2019.10.28
今季改良された-Proton LT-の登場により、陰の薄くなった-Atom LT-

そんな中、再評価したいのが今回ご紹介いたします

-Atom AR Jacket-

-Atom AR Hoody-

2013年まで-Atom SV-としてラインナップされていたモデルです。

その名に恥じぬハイスペックインサレ―ション。


中綿には自社開発した{Coreloft}を使用。

胴体、上腕にはふんだんに120g/㎡封入

脇下~袖下部には熱排出促進と嵩張りを抑える為に80g/㎡封入

Hoodyのフードには更に薄手の60g/㎡封入
これはハードシェルを上に重ねた際に、ハードシェルのフード内で盛り上がらない、適度なボリューム感で有り難いです。


シェルには日本のTORAY社と共同開発した{TYONO 30}を使用。
30デニールのナイロン糸をリップストップで織り上げた高強度タフタ。

DWR(耐久撥水)加工は雪を弾くだけではなく、ハードシェル下で汗が飽和した際にも濡れ戻りを防いでくれます。

伸縮繊維を一切混紡せずに、織り方だけで伸縮性を実現した“Mechanical Stretch”により、体を激しく動かしたり、バックパックを背負った際にも生地が突っ張ったりしません。


{Articulated Elbows & Gusseted underarms}
脇下から肘にかけての立体裁断は、動き易いというメリットよりも
“より熱源である身体に綿を近く配置出来るので保温性を最大限提供出来ます”


袖口には隙間無く、それでいて圧迫感無くフィットする{Jersey Knit}を使用。


こちらは約10年使用した店長のAtomの袖口ですが、伸びたり波打ったり、劣化を感じません。


クルーネックの上に着用した際に、直接裏地が触れずに首周りが快適
{Integrated fitted Collar panel}が店長1番のお勧め。

と、性能・構造を熱く語りましたが、実は1番のお勧めはカラーだったり(笑)

(森林地を旅する)という意味をもつ、美しいオリーブカラー

【Bushwhack】


過去に1度だけHoodyで【Dark Moss】というアースカラーがございましたが、Jacketでは初のアースカラーです。

寒冷時に単体で行動着として使用するのは-Proton LT-に任せ、ハードシェルの下にレイヤードして保温性を重視するなら-Atom AR-でしょう。


私の考えを裏付ける様に、昨年までラインナップされていた-Proton AR Hoody-今季廃番となっております。

その汎用性の高さから、SV→ARへ製品名を変更された、ARC’TERYX製品の中でも希有なモデルです。

抜け重視の中綿ウェアが主流の今だからこそ、その魅力を見直したい逸品です。

-Atom AR Jacket-
プライス 35,200円(税込)

-Atom AR Hoody-
プライス 38,500円(税込)
2019.10.28 17:52 | 固定リンク | 新入荷情報
(浮く)極上の座り心地
2019.10.25
ハンモックメーカーが作る、アウトドアチェア

-Lounger DL Chair- 【Charcoal/Lime】

店長は国内キャンプメーカーのチェアを数種使用してきましたが、個人的にENOがNO,1の座り心地と断言出来ます。


その違いは、太股~臀部~背中がまるでハンモックに揺られている様な座り心地


どんなデザインであっても、既存のチェアは腰・脚・背中を(支える)という構造でしたが、-Lounger DL Chair-は更に(浮く)という構造を採用。


それを可能にしたのが、独自の独創的なフレームパターン

素材は高耐食・高強度{6061 Anodized Aluminum}を使用。
最低限のフレーム量で、最大限の安定性を実現しました。


食事の時はレギュラーで、焚き火の時はショートと、脚の長さは2段階に調整可能です。

{210D Ripstop Nylon}の本体は体の曲線に合わせて隙間無くフィット。


頭部にはなんとEVA素材の様なフォーム材が封入されたピロー(枕)が。


肘掛けにもフォーム材が封入され、長時間腕を乗せていてもストレス無し。


まるでロッキングチェアの様に、目を閉じれば眠ってしまいそうに…


収納寸は約60cm×20cm、専用の収納袋も付属されております。

次回、アメリカからの再入荷が11月中旬を予定しております。
そこで明日10月26日~11月4日まで、店頭にてサンプル品をご用意しまして
『試し座り、予約注文会』を開催いたします。

カラーは他2色をご用意


Aqua/Red


【Grey/Charcoal】

お値段は17,500円税込となります。

騙されたと思って、1度座ってみてください。
ハンモックメーカーにしか作れない、本当に極上の座り心地です。
2019.10.25 17:40 | 固定リンク | 新入荷情報
釣人へ釣床のご紹介
2019.10.21
お客様より台風19号の影響をお聞きする度、県内でも如何に被害が広範囲だったのかを痛感いたします。


台風一過は、この様なアイテムもご注文いただいております。
アウトドアの装備は、災害対策用品である事を再確認


さて、今月15日に発売されましたトラウトフィッシング誌{鱒の森}にて、

“源流ハンモック泊のすすめ”が掲載されております。


あしの豆も取材協力させていただき、ENO社のハンモックの魅力を語らせていただきました。

所謂商品紹介ではなく、実際に使用した編集者が心から気に入っている様子が伝わってくる内容です。
ただ良い点だけを紹介するのではなく、注意点や工夫等もありますので、これからハンモックを始める方には最適な特集です。是非ご覧ください。


店頭には掲載商品を全てご用意いたしております。
ハンモックは当店にお任せください♪


個人的には前ページの“手作りアップルパイ”が気になります・・・

『営業予定のお知らせ』
明日22日(火)は祝日の為営業いたします
翌23火(水)は振替休日をいただきます。
羊に感謝 from Canada
2019.10.18
カラー違いで毎年リピートいただく程人気の


Donavan V-Neck Sweater

その人気の理由は快適なオリジナル素材絶妙なVネックデザインの良さ。

保温・調湿性に優れたMerino Wool/45%に、耐久性の為のNylon/15%、吸湿性の為Polyester/20%、そして生地にハリと風合いをだすコットン20%を混紡した
自社開発ダブルニット素材を使用。


表面は{Merino Wool}の保温性を生かす為に、嵩のあるふんわりとした面になっています。


裏面はシャツ等と擦れてもスムースで、吸湿性を促進する{Polyester}を使用。
それぞれが積層になっているのではなく“Double Knit=2重編み”構造によって1枚生地となっています。


絶妙な幅と深さのVネックデザインは、シャツやネクタイと合わせてビジネスで、クルーネックと合わせてオフに、とインナーで印象が変わりますので幅広く活躍してくれます。


Vネック裏~首裏には{ラミネート加工}を施し、常に美しいVネック形状をキープ。
縫製やリブニットでは実現出来ない、クリーンな仕上がりです。


毎シーズン人気の高い【Black】


初代Kingfisherの発色を更に深めた【KingfisherⅡ】


ヘザー(霜降り)の風合いが美しい【DarkGrey Heather】

デスクに腕を置いて仕事をしたり、コーヒーカップに手を伸ばしたり、袖口は細身な方がもたつかず良いですよね。


腕周りをスッキリさせる為に、袖は前後ろで生地を切り替えて、テーパード仕上げに。

比較画像上はストレートデザインの

-Donavan Crew Neck- 【Arbour Heather】


Vネックと異なり、肩にソフトシェルの補強を。
伝統的なミリタリーデザインを採用しております。

過酷な状況を想定したアルパインウェア作りで培ってきた高度なARC’TERYXの技術は、クリーンなデザインを追求するライフスタイルのウェアにも採用されています。

これからの季節は1枚で、厳冬期はダウンやシェルの中間着として、ビジネスでも休日でも大活躍間違い無しのセーターです。

-Donavan V-Neck-
カラー:Black,DarkGrey Heather(EC未掲載カラー) , KingfisherⅡ
プライス 17,600円(税込)

-Donavan Crew Neck-
カラー:Arbour Heather
プライス 19,800円(税込)
2019.10.18 22:54 | 固定リンク | 新入荷情報
美しいサテンカラーコート
2019.10.16

“究極のアパレルウェアの創造”を目指すVEILANCEで培われたモダンで洗練されたクリーンなデザインと、


軍・警察等、法務執行機関向けLEAFで鍛え上げられたタフさと高機能をブレンドした


-Keppel Trench Coat-


過去にも、ウール素材を使用したストームフード型-Diplomat Coat-


裏起毛GORE SoftShellを使用したドロップフード型-Parsec Coat-
など、惜しまれつつ廃番となった名作コートがございましたが、完成度は間違い無く-Keppel Trench Coat-がNO,1です。

先ずは、このモデルの為に開発されたエクスクルーシブな素材のご紹介です。

{N90p 3L GORE-TEX with Tricot Technology}

SVシリーズよりも径が太い90デニールのナイロン糸を高密度に織り上げた表生地は、高品位なコットンキャンバスの様なしなやかさ

もちろんGORE TEXメンブレンは防水・防風性能はパーフェクト

注目は3層目の裏地。

しなやかなポリエステル糸をTricot=経編に仕上げた生地は、C-Knit同様に透湿性を高め、メンブレンの保護に貢献します。


知的で上品な折り立て襟{Soutien Collar}デザイン。

襟の大きさ・形状で印象が変わるステンカラー。
ARC'TERYXは襟の角に丸みがあり、優しい印象を与える襟になっております。


寒風厳しい時は、襟を立てて効果的に首を保温します。


裾からも開閉可能な{止水 2way Zipper}を採用し、開閉長は思いのまま。

自転車通勤時の脚の動きに対応するだけではなく、電車等の座席に座る際も大変便利。
駅の階段の上り下りも、サッと開閉出来て快適です。
YKKコイル製ジッパーなので耐久性抜群です。


体の動きを妨げない立体裁断{Articulated Patterning}
腕を上げても裾が吊らない{Gusseted Underarms}等、アウトドアスペックが満載です。


Blackより更に精悍な黒へ【BlackⅡ】


ギリシャ神話~星座に由来する【Orion】


神々しいグリズリーの毛並みを表現した【Griz】

雨、雪、強風、どんな状況でもドライで体を冷やさず快適に。
毎日のご通勤やご出張、オフのお洒落や旅行等、幅広く対応するコートです。

カラー:BlackⅡ,Orion,Griz
プライス 66,000円(税込)BIRD AID補償/18,000円
2019.10.16 17:04 | 固定リンク | 新入荷情報
変わらない良さ
2019.10.09
(初代モデル/Everglade
2008年の登場から一切素材・デザインを変えず、10年以上愛されている


-Solano Hoody-


【Tui】


【Griz】


エクスクルーシブ素材{P50p GORE WINDSTOPPER 2L}を使用。


以前は赤い{WINDSTOPPER}タグで表記されておりましたが、現在は{INFINIUM}タグで統一されております。


完全防風メンブレン{GORE WINDSTOPPER}がラミネートされていると思えないほど、ソフトでしなやかなシェルの秘密は、N=ナイロンではなく、p=ポリエステル糸を使用しているから。
シルクの様に滑らかですが、50デニールという太い繊維を高密度で織り上げ、抜群の耐摩耗性を実現。

2L(=2層構造)なので超軽量且つ、抜群の透湿性も確保


起毛裏地で内側を見ることが出来ないのですが、縫製裏は全てシームテープ加工済
その幅僅か13mm、アルパイン・ハードシェル規格です。


実は{GORE WINDSTOPPER}メンブレンには耐水圧もあり、雨や雪にもかなり強いのです。
更にシームテープまで施されましたので、悪天候でも非常に安心感があります。

防風・透湿・耐水性という高機能に加え、ポリエステル特有の着込んでいく程にシルキーな風合いになっていく着心地もこのモデルの魅力です。

裏地は適材適所。


袖・肩等レイヤーとの滑りを重視する箇所にはナイロンタフタ、ボディ・脇下等の保温・吸湿性を促進させる箇所には起毛ポリエステルを配置。


袖口はストレッチガセットを配置し、ベルクロがなくても絶妙にフィット。

肘の立体裁断{Articulated Sleeves}や、
裾が吊り上がらない脇下の{Gusseted Underarms}など、
AscentやTraverseにラインナップされているシェルと、同様の立体裁断が施されております。


ビジネス・トラベルに向けた普段着ライン/24にラインナップされておりますが、これだけハイスペックですので、春スキーや秋の登山等、率先してアウトドアでご使用いただけます。

カラー:Tui,Griz
プライス 29,700 円(税込)
2019.10.09 15:23 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -