BLASTRACK 2018-19 MODEL
2018.02.16
芯材となる天然木がもつしなやかさを最大限引き出す為に、今尚手間暇かかるサンドイッチ構造にこだわり、職人が1本1本手作りするスキーブランド{BLASTRACK}

「体でスキーの動きを感じ、ターンする喜びを教えてくれる。」
そんな懐の深いモデルが揃っております。

それでは来季2018-19シーズンの各モデルをご紹介いたします。


ブランド創業時からラインナップされている看板モデル-ELIXIR-フルモデルチェンジ

125-80.5-110mm(旧122-82-110mm)
従来のアウトラインも再構築。
TopのContactControlと、約25cmほど緩やかに反るFlatTailにより、エッジの接雪長を限りなく長くしながら、ターン中の雪面抵抗を限りなく少なくする、独自の構造を採用しております。

正にAll-Mountain、All-Roundモデルです。


続いて、軽快な乗り心地で人気の-Improve-
その秘密はTailにもContactControlを採用し、悪雪や荒れたバーンでも引っ掛かりと失速感を無くしているから。
軽さ、柔らかさからは想像出来ない足下のグリップ感です。
3シーズン目を迎えデザインを変更し、モデル名も-Improve86-になります。


こちらはその-Improve-のウエスト93mmモデル
-Improve93-(124-93-114mm)
86同様に、TopとTailにDualContactControlを採用。
86のストレスの無い軽やかな滑りに、ややボディをワイドにする事で、更に様々な雪質・地形・斜度に乗り込んでいけるスキーに仕上げました。


カーボン&ウッドコアによる超軽量モデル
-Blazer Light-
「朝から陽が暮れるまで、滑るという遊びを楽しませてくれる」
というコンセプトの元に開発されました。
アウトラインも全く新しい125-88-113mm(旧Blazer132-98-118mm)

カーボンを使用した所謂軽量スキーとは一線を画す滑り心地の追求を体感出来ます


その他、芯材のバランス変更で安定・走破性が増した-Massive-等、魅力的なモデルを多数ご用意いたします。

LengthやR値、お値段等、詳しくは店頭に資料をご用意いたしましたので、気になる方はご来店ください。

百聞は一見にしかず、という事であしの豆主催・Blastrack試乗会も開催いたします。
3月10日(土)~11日(日)
開催場所や時間、試乗モデル・サイズ等については、後日発表いたします。
ご期待ください!
2018.02.16 15:53 | 固定リンク | 業務連絡
KUWA CHOCO
2018.02.08

お客様からご紹介いただいたKUWA CHOCO
毎年この時期にしか食べられないチョコレートで、店長も楽しみにしております。

仙台市若林区で無農薬で育てられた桑を使用しています。
カカオのポリフェノールに加え、桑はカルシウム・鉄分・ミネラルを多く含み、糖の吸収を抑えてくれるそうです。

そんな健康面だけではなく、個人的には口に入れた時の桑の香りと甘さのバランスが好きで、いつも抹茶と一緒にいただいています。

今年は生チョコに加えキャレチョコも登場。
常温より冷やして食べるのがおすすめです。

当店より近い藤崎デパート様にて開催されている{ショコラマルシェ}にも出店されています。
是非一度ご賞味ください。
2018.02.08 17:33 | 固定リンク | 新入荷情報
2/1 EVERGOODS発売開始
2018.01.31

大変お待たせいたしました、明日2月1日よりEVERGOODSの販売を開始します。

全2モデル、各モデル限定生産100個のみ

CPL(Civic Panel Loader)24



MPL(Mountain Panel Loader)30



(画像は昨年11月のサンプル品となり、販売カラーはBlackのみとなります)

詳細は明日のWHAT'S NEWにて。

堅牢な素材・構造と機能美を融合した、クラフトマンシップ溢れるバッグにご期待ください。
2018.01.31 22:23 | 固定リンク | 新入荷情報
Cronin Pant
2018.01.29
いよいよ冬もハイシーズンとなりました。
先週は寒さ厳しく足下が滑りやすいところ、多数のお客様にご来豆いただきました。
ありがとうございます。

お客様との会話の中で、よくご質問いただくのが店長がいつも穿いているパンツについて。

秋~冬にかけて、ほぼ毎日穿いているのがARC’TERYXのCronin Pantです。

苦労人?と読んでしまいますが(笑)
モデル名の由来はカナダ・ブリティッシュコロンビアに聳えるMount Croninより。

雄大な大自然の中で酷使しても耐えるタフなパンツです。


素材はコットン67%ナイロン33%混紡したキャンバス生地。
化繊混により、雪で濡れても直ぐに乾いてくれます

表面はPeachFaceの様に滑らかで、撫でるとヌバックレザーの様に起毛独特の風合いになります。

裏地は凹凸感のあるサラッとした仕上がりに。

高密度に織られており、防寒性が高く安心の穿き心地です。


先日の寒波でも、Cronin Pantの下にSmartwool/Mid Bottomで暖かく快適でした。


膝は曲げても突っ張らない立体裁断{Articulated Patterning}仕様。


股下には股関節の動きを妨げない{Gusseted Crotch}を配置。

厚手のノンストレッチ素材とは思えない動き易さです。

大変使い勝手が良く、店長もGraphite,Admiral,Kelpとカラー違いで3本愛用しております。


要所は頑強なリベット打ち。こんな所にも24ロゴが・・・


ウエストボタンはお椀形状で、食い込むストレスの無い固定感。ここにも24・・・

今シーズンはRanchやCamelの様な渋いライトブラウンMinotaurをご用意いたしました。

ARC’TERYXのカラーにはPoseidonやCentaur等、ギリシャ神話にまつわるカラーが多々ございます。

MountainKhakis/AlpineUtilityPantを彷彿とさせるラギッドな雰囲気と、ARC’TERYXの洗練された機能性が融合した店長一押しのパンツです。

カラー:Minotaur
サイズ:W30I30,W30I32(W=ウエスト,I=股下)
カラー:Admiral
サイズ:W32I30(W=ウエスト,I=股下)

プライス 17,280円(税込)
2018.01.29 17:54 | 固定リンク | 新入荷情報
WESTCOMB2018-19情報
2018.01.26
古き良きARC'TERYXのテイストを感じるWESTCOMB

エクスクルーシブな最新素材を、カナダ自社工場にて製造する、正に職人ブランドです。

今回は特別に来冬登場するニューモデルのサンプル品を展示いたします。
カナダに返送する関係で、明後日28日迄と短い時間ですが是非ご覧ください。

合わせて今季にて廃番となりますモデルのご紹介もいたします。


OzoneがHoddyに戻ります。
ただし、フィット感はジャケットと同じTrim Fit、ポケットもジャケットと同じ圧着です。
当時と違い、袖口のサムホールもありません。
純粋にジャケットのフード付モデルとなります。


ということで、2シーズン続きましたOzone Jacketは今季にて廃番となります。
画像のEspressoカラー/Sサイズ1着のみ在庫がございますので、ジャケットデザインが宜しい方は是非ご利用ください。(Black,Cinderカラーは完売です)


続きまして、WESTCOMBのフラッグシップモデルShift LT Jacket
来季は胸の1ポケットが無くなり、2ハンドポケットに変更されます。
より汎用性が高くなりますね。


店頭には今季限りのオリジナルデザインShift LT JacketがSサイズ/1着のみ在庫ございます。
カラーはメーカーHP未掲載・当店特注のLimestoneカラーです。
今は無きARC'TERYX/Alpha LT Jacketを彷彿とさせるクラシックなデザインはお勧めです。

その他、カナダでは今季モデルでありながらHP未掲載品の

こんなDropHoodデザインや、

こんな2トーンカラーモデル

今まで見た事も無いこんなBibまで。


そしてこんな革新的素材を使用したモデルまで・・・(触ってみてください、必ず驚かれますよ!詳細は店頭にて)

サンプル展示は28日午後3時までとなります。

カラー展開等、詳しい資料をご用意してお待ちしております。
2018.01.26 18:34 | 固定リンク | 新入荷情報
-Sidewinder SV-フィットの違い
2018.01.22

今季にて当店の取扱いが終了しますSidewinder SV Jacketのご紹介です。

肌着用の(Next to Skin Fit)を除くと、ARC’TERYXウェアのフィット規格は4つありました。

体のラインに沿った細身の(Trim Fit)
細過ぎず太過ぎず、通常の(Regular Fit)
ゆったりとした余裕のある(Relaxed Fit)


そしてSVモデルに多く採用されてきた(Expedition Fit)


これはレイヤリングするミッドレイヤーの厚みを問わず、ユーザーの体の動きを妨げない、ARC’TERYX伝統のフィット感です。

残念ながら、来季のSidewinder SV Jacketは(Expedition Fit)から(Regular Fit)へ変更されます。


更に人間工学三次元(e3D)構造未採用に。

(e3D)とは肘・肩・肩甲骨・脇下などの可動域を強化した、ARC’TERYX独自のパターニング。

過酷な環境下におけるアクティビティでも、抜群の動き易さを体感出来ます。

来季、変更されたSidewinder SVを試着した瞬間にフィット感の違いを感じました。

本来、(Regular Fit)へ変更されると全体的にサイズが小さく感じるのですが、今回の場合は(e3D)の立体感も省かれてしまい、よりストレートなシルエットとなり、むしろ現行モデルよりもサイズが大きくなっております。

例えば肘部分。

こちらが現行モデル

肘の曲がり・動きに合わせて湾曲した構造になっております。


そしてこちらが来季モデル

如何でしょうか?
より来季の方が真っ直ぐなパターンとシームラインになっております。


展示会で試着した感じでは、首元の湾曲したSidewinder Zipにも違和感がありました。
首部分の流線がやや直線になり、ジップアップした時にゆとりを感じるフィット感に。


コチラが現行モデル


来季はRSジッパーをハンドポケットに採用する為、胸のパターンとシームラインも変更されているので、これが原因かもしれません。

上記の理由により、来季は当店でのお取り扱いはございません


今季お勧めしておりますDarkMoss×Woadのセットアップも、店頭在庫残り僅かとなりました。
国内在庫・カナダ在庫共に完売となっております。

スキーウェアのお買い換えをご検討中の方へ、WHITE LINE最後の(Expedition Fit)となるSidewinder SV&Sabre Pantをお勧めいたします。

Sidewinder SV Jacket
カラー:DarkMoss
サイズ:S
プライス 89,640円

Sabre Pant
カラー:Woad
サイズ:S
プライス 62,640円


上記セットアップをご購入いただいた方に、もれなくデッドストック・ノベルティをプレゼント♪
2018.01.22 17:42 | 固定リンク | 新入荷情報
Cirque 35 & 45
2018.01.15

昨年新登場し、背負い心地と使い勝手の良さでご好評いただきましたBlackDiamondバックパック
Cirque 35 & 45が入荷いたしました。

前身であるChouinard Equipment時代(1970年代)よりバックパックを製造しておりますので、その完成度の高さはバックパック専門メーカーにも負けません。

Cirqueは一見シンプルに見えますが、様々なこだわりが詰まっております。

まずは素材

同重量では鉄より強い繊維{Dynex}を使用。
ナイロン繊維より軽量で吸水性が低い為、雨や雪に晒されるバックパック素材として適しています。

何より{Spectra}の格子柄を彷彿とさせるクラシックなルックスも素敵ですね。

開閉方法もオリジナル。

まずは巾着式ドローコードがあり、

必ず出来てしまう中心の穴を防ぐ為に、フラップが重なり、

その上からメタルフック式ナイロンベルトでコンプレッション。

これら全ての操作を、グローブをしたままでも楽々出来てしまいます


背面には{Aluminum Stay}があり剛性感・荷重分散性が抜群です。
もちろん、ご購入時にお客様の背面曲線に合わせて成形させていただきます

ショルダーベルトもオリジナル。

{SWING ARM}という左右のショルダーベルトが連動するシステムを採用。


腕を伸ばす、体を屈める等、常に左右へ動く上体に合わせてショルダーベルトが伸縮します
これは背負っていただくと驚かれるはずです。


ワンドポケットも排除していますが、サイドアクセスジッパーにより、テルモス等の取り出しも簡単です。


背面内部にはハイドレーションホルダーも装備。
春スキーツアー時に大変助かります。


ヒップベルト右側にのみ、伸縮性ポケットあり。
ジッパーレールが成形されており、型崩れしないので片手で開閉が可能。


収納式ヘルメットホルダーもあり。

メインコンパートメントが荷物で一杯でも、簡単に取付け可能です。


内部はメインとショベル等のアバランチギア専用ポケットもあり。

コンプレッションも見事。

これだけの量を収納可能ですが、

荷物が少ない時は薄く圧縮が可能です。

面で潰れるので型崩れせず、内部の荷物もぐらつき難くなります
圧縮ベルトを多く使用するのではなく、生地のパターンにこだわりパック自体が圧縮し易くしています。美観にも優れますね。

無駄を省いた流線型により、これだけの作りで重量は僅か35L/1030g、45L/1060g
ハードな厳冬期のツアーから、春のBCクロカンまで、幅広く活躍してくれます。


その完成度の高さにより
Backcountry Magazine Gear Guide Select 2018を受賞しました!

Cirque35
サイズ:M/L
プライス 23,760円(税込)
Cirque45
サイズ:M/L
プライス 25,920円(税込)
2018.01.15 19:41 | 固定リンク | 新入荷情報
Alpha SL Glove
2018.01.12
Stinger GloveとGamma SV Gloveから始まり、2011年にAlpha SV Gloveで革命を起こしたARC’TERYX

その後もCam SV, Venta SV, Vertical SV, Caden ,Beta AR ,Bolt AR ,Tactician AR ,等々、名品を開発。

しかしバックパック同様、年々廃番モデルが増え、現在は寂しいラインナップに・・・

そんな中一際完成度の高いグローブがございますのでご紹介いたします。

Alpha SL Glove


手の甲には3層構造N72sGORE WINDSTOPPER(画像右)に、裏地には更に300g/㎡フリース(画像左)をライニングし高い保温性を。


手の平~指先には鞣された肉厚の天然皮革を使用。


操作性に優れたHESTRA/ErgoGripActive同様に、指先はレザーをラウンドさせて補強
何処に耐摩耗性が必要か、よく考えられた作りです。

無駄の無いハイブリッドな作りにより、堅牢ながら平均重量85gという軽さに仕上がっております。
防風・防寒性能と、指先で細かい作業が可能な程の操作性を両立した素材の使い分けです。


2013年の1シーズンだけ販売されたMX Gloveと同じ抜群のフィット感ですが、MX はPolartec/Power Shield HLでしたので、耐候性はAlpha SLの方が上と言えます。


{Pulley Adjustment System}というユニークなロックシステムを採用し、ベルクロを締める甲のナイロンテープが連動し、フィット感が更にアップ!


指の形状は曲がった状態で作られ、握る際のストレスを感じません。

アイスツールを操作するシリアスな状況でも頼りになるグローブは、自転車や厳冬期ツアーのハイク用から春スキーまで、幅広く活躍してくれます。

1度着用すると外したくなくなる
久し振りにそんなARC’TERYXのグローブに出会えました。

カラー:Black
サイズ:Mのみ
プライス 16,200円(税込)
2018.01.12 17:43 | 固定リンク | 新入荷情報
店長が惚れ込んだCRUXバックパック
2018.01.10
登山用、クライミング用、沢登り用、スキー用etc
現在多くのバックパックメーカーは、それぞれの用途に特化したモデルを作り、2~3年ごとに改良を行ってユーザーに提案しております。

本当にこれだけの種類のバックパックが必要なのでしょうか?
完成度の高いモデルは細かい改良を必要としないはずです。

当店では20年以上、完成度の高いARC’TERYXのアルミフレームバックパックを中心にお勧めしてまいりましたが、ご存じの通りの名品が次々と廃番に。


自信をもってご紹介出来るバックパックが無く困っていた時に、WESTCOMB輸入元・田中氏に紹介されたのがCRUXでした。

ARC’TERYXを取り扱っていた田中氏だからこそ、WESTCOMB同様にCRUXの素晴らしさを日本で紹介する事になったのでしょう。


それではCRUXが誕生した2002年よりラインナップされております-AK 37-

-AK 47-をご紹介いたします。


岩角やブッシュ、スキーエッジやアイゼンの刃にも負けない頑強な
Kevlar40% & Cordura60%混紡ナイロン素材。

凹凸のあるマットな質感の生地は、まるでコットンキャンバスの様な風合いです。

耐水圧10,000mmの防水加工と、縫い目を排除したWelded(圧着)加工により完全防水を実現しました。

もう防水の為のパックカバーやパックライナーは必要ありません!

通常、背面フレームは加工のし易さでアルミを使用しますが、AKは更に剛性感・軽さを追求し、超軽量・高強度チタニウムを使用。


それぞれのパッキングウェイトを考慮し、37Lはチタニウム・ステイ×2本


47Lはチタニウム・チューブラーフレームを使い分け。

これらのフレームはご購入時にお客様の
第7頸椎~腰骨までの背面形状に合わせて成形させていただきます。
自分だけの、特別な相棒になってくれます。


人間工学に基づいたバックパネル


最小限の面積で、体に最大限のフィット感を与えるショルダーベルト

ヒップベルト、そして可鍛チタニウム・フレーム構造により抜群の背負い心地を実現しました。


荷重分散に自信があるからこそ、サイドにスキーホルダーを備えスキーツアーにも対応。


Aフレームで取付けすると抜群の固定強度です。


パッキングの際に扱い易いな~と感動したのがGrab Handle
レッドカラーはサングラスやゴーグル越しでも直ぐに見つかり、
大きめのハンドルは簡単に掴めます。

これだけ耐久性と背負い心地を追求した素材を使用しながら、重量は超軽量。
(AK37/1040g、AK47/1170g)



破損に備え交換部品も用意され、生産工場での修理体制も万全です。

皮革製登山靴と同じく、使い込んだ分だけ体に馴染む
そんなバックパックだと思います。

BoraやKata等を彷彿とさせる無骨なクラシックなデザイン、
NeedleやNozone並みの耐摩耗性、
RTやMiuraと同じ開閉が楽なRoll Top、
KhamskiやQuinticのスキーホールド性能、
Alpha FLを超える防水性能…

用途や季節を選ばず、悪天候でも問題無し。
店長が望んでいた、正に理想のバックパックです。

-AK 37-
カラー:Black,Red,Khaki
背面長:R,L
プライス 45,360円(税込)

-AK 47-
カラー:Black,Red,Khaki
背面長:S,R,L
プライス 49,680円(税込)
2018.01.10 17:10 | 固定リンク | 新入荷情報
Versalite
2018.01.08
お陰様で全モデル完売となりましたWESTERN MOUNTAINEERINGクロージングに続き、年末にご注文いただきましたスリーピングバッグが入荷いたしました。


人気NO.1はやはりVersalite


グースダウン95%、フェザー5%
クロージング同様に、この割合を他社で見た事がありません。
それもMinimum数値ですよ!


平均重量905gでダウン量565g、これだけ封入量が多いからこそ他社ではまず表記の無い(ロフト高・17cm)を公表しております。

WM社のRatingは-12℃ですが、未発表のEN数値は
T Comfort/-6℃ T Limit/-13℃ T Extreme/-30℃
正に3シーズン快適に就寝可能な安心感のある数値です。

ウェアのご紹介でご説明しました通り、ダウンの品質を評価すると言われるFP数値は当てにはなりません

2006年のFP検査法改訂(より高い数値が出やすい測定方法)以降、になってから、他社製品がこぞって850FP以上を表記するモデルが増えましたが、WESTERN MOUNTAINEERINGはそれ以前より850FPと公表しております。


実際は900FP以上の性能があると想像出来ます。
それが850FP+という+の表記に込められているのでしょう


もちろんSanJose自社工場にて製造され、縫製責任者の名前までサインされております。
長年ダウン製品を作り続けてきた、熟練の職人技に触れられるだけでも興奮してしまいます。

品質を下げ、大量生産しているアジア製ダウンとは品質に大きな差を感じられるでしょう。


あしの豆では店舗2Fにてダウンを最大限膨らませて、その状態からの圧縮方法をお伝えしてからお渡ししております。

ご説明には時間がかかりますので、ご注文いただきましたお客様へは順次ご連絡を差し上げます。


人気のオプションBag Expander/3Seasonも同時入荷いたしました。
内部が拡張され、快適性が向上し使用シーズンも拡大されます。

グースダウンはレザー同様、命の副産物です。
本物のダウンはあしの豆にお任せください!
2018.01.08 14:36 | 固定リンク | 新入荷情報

- CafeNote -