初めてのクロスカントリースキーセット、そして40年後
2018.02.07
初めてクロスカントリースキーセットを購入したのはまだあしの豆を開業する前で、40年前の25歳の時でした。

当時、仙台でクロスカントリースキーセットを在庫していたスポーツ用品店は無く、東北本線に乗り片道約4時間かけて東京日本橋のアウトドアショップ・ダボスへ。

雪原や林道を歩きまわりたいとスタッフへ相談したところ、スキーはELANの205cm、靴とバインディングは75mmタイプ、ポールは135cmを勧められました。

このエランのクロスカントリースキーはキックゾーンはウロコではなく、二本の溝が彫られそこにモヘアのシールが貼り付けてありました。

早速に仙台近郊の泉ケ岳山麓の雪原を歩きまわりました。
5歳の時からスキーは楽しんでおり、高校時代からキスリングを背負って山スキーも経験しておりましたので、スキーには多少自信があったのですが、このクロスカントリースキーにはだいぶ手こずりました。

当時はまだクロスカントリースキーのダブルキャンバーの特性を理解していませんでしたので、スキーを前に踏み出す時にキックゾーンを雪面に食い込ませる事が出来ず、ジタバタして苦労しておりました。

あしの豆を開業してからクロスカントリースキーもテレマークスキーも、いろいろなスキー板やブーツを使用してまいりましたが、今年に入り店長へ『そろそろ歳だからのんびり雪原や林道を歩きまわりたいから一式用意して欲しい』と希望を伝えたところ、準備されたのがこちら。


スキーはMADSHUS/Exploreシリーズ/BC50の190cm。
腰の強めのダブルキャンバーですので、重いバックパックを背負って緩やかな斜面を滑走する際にもキックゾーンのウロコ部が雪面に食い込みにくく、ダブルポールで快適に滑らせることができます。
また、ハーフエッジが付いているので凍結した斜面のトラバースの際にも安心して使用出来ます。

用途にピッタリ、大変満足。


ブーツはRottefella/NNN BCのバインディングに適合する、CRISPIの1バックルモデルLofoten GTX

足幅も広く冷えずに快適、申し分なし。


ポールは、だいぶ前に手に入れてたExcel/Exploreという極地探検用に設計された140cmが健在でしたので物置から引っ張り出しました。

偶然ですが、スキーとポールの製品名が同じ(Explore)
いつまでも自然を探検する気持ちを持ち続けたいと思います。

雪が締まってくる3月に、ラッセルなしで軽快に雪原をそして林間を歩きまわります。


今回このクロスカントリースキーセットのテストにツーリングに出かけた際の私の装備については、後日改めてご紹介致します。

- CafeNote -