私が愛用したナイフ/初めての大型ナイフ
2018.01.21
あしの豆を開業してから15年位は、あの狭い店内の一角にナイフコーナーを設けて、常時50本以上のシースナイフやホールディングナイフを販売しておりました。

アメリカのGERBER社やBUCK社の定番ナイフ、国産ではG・SAKAI(ガーバー・サカイ)社のナイフがメインだったと記憶しています。


ある日、岐阜のナイフ問屋の営業の方が店を訪れ、見せられたのがガーバーサカイ社の
{ブッシュナイフ}という大型ナイフでした。


刃渡り約23センチ、刃厚約6ミリのズッシリと重いこのナイフ、定価は35,000円と少し高めでしたが、一本仕入れナイフの陳列棚の片隅に展示しました。

手にとってご覧になる方はいらっしゃるのですが、なかなか売れません。
35年前のあの時代、大型の刃物といえばナタで金物屋で5,000円もだせば良いのが買えましたからね。私自身もナタを愛用しておりました。

しばらく在庫しておりましたが、何度もこのナイフを触りハンドルを握りしめているうちに、私がこのナイフに魅せられてしまったのです。

片刃のナタと違い、このナイフは両刃ですので木を払うにも外払いが出来ます。
それが一番の利点でした。


朝日連峰の大鳥池にタキタロウを釣ろう(笑)
と10名のお客さんと遊びに行った下山時に、一人の方が足首を痛めて松葉杖が必要になった際にも活躍してくれたナイフです。

またある時には、吹雪の山中でどうしても火を起こさなければならなくなった際に、焚火の木を調達するのに活躍してくれたナイフです。

春夏秋冬、自然の中に足を踏み入れる際には必ずこのナイフをバックパックに入れておりました。


牛一頭の肉をさばく時も切れ味が落ちることなく大活躍してくれたこのナイフ、実はその秘密はV金6号という鋼材と、ロールドエッヂという蛤刃の形状にあったのです。
(テンガロンハットをかぶっているのが私です。@ワイルドキャンプ in ZAO)

歳を重ねこのナイフは自分には重くなり、現在このブッシュナイフは店長の手に渡っており、私はひとまわり小型な刃渡り20センチのランドールナイフを愛用しております。

このランドールナイフについては、またの機会に。

さてさて、写真のトラウトは?
ブラウンでもレインボーでもありません。

正解は今回の文章のなかに・・・
JAZZとの出会い
2018.01.04
私とJAZZとの出会いは約50年前の中学時代。


Miles Davisの『MILES IN 東京』のレコードを買い求めてからです。
買い求めるきっかけは、当時本屋で立ち読みしていたJAZZ専門誌の『スイングジャーナル』だったと記憶しています。

久しぶりに実家の書斎に入りレコード棚を探しました。

Milesの語りかけてくるようなトランペットの音色に魅せられ、JAZZの世界の扉を開けようとしていた私に、ついに生のJAZZを聴く機会が。

中学三年の時、仙台の県民会館にArt Blakey and the Jazz Messengersがやってきたのです。
ベースはまだ無名だったロン・カーターだったと記憶しています。


画像はモレスキン・ポケットノートの2016年の限定モデルです。
ブルーノートとモレスキンのコラボのこのノート、モレスキンは日々愛用しておりましたので飛びついて買い求めました。


その後、MJQのステージも観てピアノにも魅せられ、Mal Waldronが好きになりましたね。


Coltraneにも興味がありレコードを買い求めましたが、その当時の私にはちょっと重過ぎて、私の好みではなかったようです。

こんな感じでJAZZとの付き合いを始めた私でしたが、山登りに夢中になり始めてから熱は少し覚めた記憶があります。

大学以降の音楽遍歴はまたの機会に。

- CafeNote -